プライマリ データセンターからエクスポートされた OVA ファイルを使用してセカンダリ データセンターでノードを作成したら、ノードを構成します。

このタスクについて

セカンダリ データセンターにある各ノードでこれらの手順に従って操作します。

手順

IP アドレス テーブルを更新します。
  1. /usr/local/horizon/conf/flags/enable.rabbitmq ファイルが存在することを確認します。

    touch /usr/local/horizon/conf/flags/enable.rabbitmq

  2. /usr/local/horizon/scripts/updateiptables.hzn ファイルで、セカンダリ データセンターにあるすべてのノードの IP アドレスを更新します。
    1. vi /usr/local/horizon/scripts/updateiptables.hzn

    2. ALL_IPS 行を見つけ、置換します。スペースで区切って IP アドレスを指定します。

      ALL_IPS="Node1_IPaddress Node2_IPaddress Node3_IPaddress"

    3. このスクリプトを実行して、ポートを開きます。

      /usr/local/horizon/scripts/updateiptables.hzn

  3. Elasticsearch、RabbitMQ、および Ehcache レプリケーションのノードを構成し、それらが正しくセットアップされていることを確認します。

    レプリケーションのためのプライマリ データセンターの変更の操作手順を参照し、セカンダリ データセンターのノードに適用します。

    cron ジョブはすでに無効になっています。