VMware Identity Manager 仮想アプライアンス用の DNS エントリおよび固定 IP アドレスが利用できる必要があります。会社ごとに管理する IP アドレスや DNS レコードが異なるため、インストールを開始する前に、使用する DNS レコードおよび IP アドレスを確認します。

オプションで逆引きの構成が可能です。逆引きを実装する場合には、DNS サーバに PTR レコードを定義して、仮想アプライアンスが正しいネットワーク構成を使用するようにする必要があります。

ネットワーク管理者に相談する際に、下記の DNS レコードのサンプル リストを使用できます。サンプル リストの情報を、それぞれの環境に合わせて書き換えてください。次のサンプルには、DNS の正引きレコードと IP アドレスが記載されています。

表 1. DNS の正引きレコードと IP アドレスの例

ドメイン名

リソース タイプ

IP アドレス

myidentitymanager.company.com

A

10.28.128.3

次のサンプルには、DNS の逆引きレコードと IP アドレスが記載されています。

表 2. DNS の逆引きレコードと IP アドレスの例

IP アドレス

リソース タイプ

ホスト名

10.28.128.3

PTR

myidentitymanager.company.com

DNS 構成の終了後に、DNS の逆引きが正しく構成されていることを確認します。たとえば、仮想アプライアンスのコマンド host IPaddress は DNS 名を解決する必要があります。

Unix/Linux ベースの DNS サーバの使用

Unix/Linux ベースの DNS サーバを使用していて、 VMware Identity Manager を Active Directory ドメインに参加させる予定がある場合は、Active Directory ドメイン コントローラごとに正しいサービス (SRV) リソース レコードが作成されていることを確認します。

注:

仮想 IP アドレス (VIP) が DNS サーバの前にあるロード バランサを使用している場合、VMware Identity Manager は、VIP の使用をサポートしません。複数の DNS サーバをカンマ区切りで指定できます。