ステートレス デスクトップとも呼ばれる非永続型のデスクトップで Workspace ONE ポータルを使用する場合、リソース使用率を削減し、パフォーマンスを向上させるには、非永続型 View デスクトップ向けに最適化された設定を使用してクライアントを構成します。

手順

推奨されているコマンド ラインのインストーラ オプションを使用して、非永続型 View デスクトップに使用されるテンプレートに VMware Identity Manager デスクトップ アプリケーションをインストールします。

/v Installer Option

説明

ENABLE_AUTOUPDATE = 0

VMware Identity Manager デスクトップ アプリケーションの新しいバージョンへの自動更新を抑止します。通常は、View 管理者がテンプレートのアプリケーションを更新します。

INSTALL_MODE = RUN_FROM_SHARE

これらの View デスクトップでユーザーが ThinApp パッケージを使用できるようにする計画がある場合は、このオプションを使用して ThinApp パッケージを Windows システムにダウンロードする代わりにサーバからストリームします。

次の例では、ユーザーが ThinApp パッケージを使用することを想定し、非永続 View デスクトップに最も適した構成を使用して、VMware Identity Manager Desktop アプリケーションをインストールします。WORKSPACE_SERVER オプションは、このインストールの VMware Identity Manager サーバを指定します。

VMware-Identity-Manager-Desktop-n.n.n-nnnnnnn.exe /v WORKSPACE_SERVER="https://server.company.com" ENABLE_AUTOUPDATE=0 INSTALL_MODE=RUN_FROM_SHARE