Horizon Air Desktops および Horizon Air Apps を VMware Identity Manager サービスと連携させるには、VMware Identity Manager 管理コンソールで Horizon Air テナントの詳細を追加して、Horizon Air テナントのリソースと資格を VMware Identity Manager サービスに同期します。

このタスクについて

注:

高可用性のシナリオで複数のコネクタをセットアップする場合、すべてのコネクタで Horizon Air を統合するように構成する必要があります。いずれか 1 つのコネクタで自動同期スケジュールを設定できますが、他のコネクタでは手動同期を設定する必要があります。

前提条件

  • 統合の前提条件に記載されている前提条件を満たしていることを確認します。

  • Horizon Air テナント名が完全修飾ドメイン名 (FQDN) であることを確認します。たとえば、server-ta1-1 ではなく server-ta1-1.example.com とする必要があります。

  • Horizon Air テナント アプライアンスに、CA から発行された有効な SSL 証明書がインストールされていることを確認します。自己署名証明書はサポートされていません。証明書は、テナント アプライアンスの FQDN に一致する必要があります。

手順

  1. VMware Identity Manager の管理コンソールにログインします。
  2. カタログ タブで、デスクトップとアプリケーションの管理 > Horizon Air アプリケーション を選択します。
  3. Horizon Air デスクトップおよびアプリケーションを有効にする チェック ボックスをオンにします。
  4. お使いの環境についての情報を入力します。
    重要:

    ドメイン情報を入力する際は、ASCII 以外の文字を使用しないでください。

    オプション

    説明

    テナント ホスト

    テナント ホストの完全修飾ドメイン名。たとえば、tenant1.example.com と入力します。

    テナント ポート

    テナント ホストのポート番号。たとえば、443 と入力します。

    管理者ユーザー名

    テナント管理者アカウントのユーザー名。たとえば、tenantadmin と入力します。

    管理者パスワード

    テナント管理者アカウントのパスワード。

    管理者ドメイン

    テナント管理者が所属する Active Directory NETBIOS ドメインの名前。

    同期するドメイン

    Horizon Air リソースと資格を同期させるための Active Directory NETBIOS ドメインの名前。

    注:

    このフィールドでは大文字と小文字が区別されます。名前を入力する際は、適切な文字を使用してください。

     

    展開の種類

    Horizon Air リソースをユーザー ポータルでどのようにユーザーに提供するかを選択します。

    • ユーザーによるアクティベーション:Horizon Air リソースは、Workspace ONE ポータルの [カタログ] ページに追加されます。リソースを使用するには、ユーザーは [カタログ] ページから [ランチャ] ページに移動させる必要があります。

    • 自動:Horizon Air リソースは Workspace ONE ポータルの [ランチャ] ページに直接追加されるため、ユーザーはすぐに使用できます。

    ここで選択する展開種類は、Horizon Air 統合のすべてのリソースに対するユーザー資格に適用されるグローバル設定です。リソースの [資格] ページから、個々のユーザーまたはグループの展開種類をリソースごとに変更することができます。

    グローバルの展開種類は ユーザーによるアクティベーション に設定することを推奨します。その後、リソースごとに特定のユーザーまたはグループの設定を変更することができます。

    展開種類の設定方法については、Horizon Air 資格の展開種類の設定を参照してください。

    Horizon Air の同期頻度を選択

    Horizon Air のリソースと資格を同期する頻度。同期を定期的にスケジュール設定するか、手動で行うかを選択できます。手動 を選択した場合は、Horizon Air のリソースまたは資格が変更されるたびにこのページに戻り、今すぐ同期 をクリックする必要があります。

    デフォルトの起動クライアントを選択

    Horizon Air リソースを起動するデフォルトのクライアント。ブラウザ を選択すると Web ブラウザでリソースが起動し、クライアント を選択すると Horizon Client でリソースが起動します。

    この設定は、Horizon Air 統合のすべてのユーザーとすべてのリソースに適用されますが、エンド ユーザーは、ブラウザで起動 または クライアントで起動 オプションを選択することで、Workspace ONE ポータルで Horizon Air Desktops または Horizon Air Apps を起動する際にこの設定よりも優先させることができます。

    例:

    Horizon Air の有効化


  5. 保存 をクリックします。
  6. 今すぐ同期 をクリックして、Horizon Air テナントのリソースと資格を VMware Identity Manager サービスに同期します。

次のタスク

SAML 認証の構成