Integration Broker をインストールする前に、Windows システムを準備する必要があります。

このタスクについて

Integration Broker では、以下のオペレーティング システムがサポートされています。

  • Windows Server 2008 R2

  • Windows Server 2012

  • Windows Server 2012 R2

前提条件

  • Integration Broker の展開方法を決定します。

    以下の質問について考慮してください。

    • 複数の Integration Broker インスタンスを使用するかどうか

      複数のインスタンスは、高可用性と負荷分散の両方で役立ちます。

      • 複数の Integration Broker インスタンスを使用する場合は、各 Windows Server インスタンスに 1 つの Integration Broker インスタンスをインストールすることをお勧めします。

      • 導入環境に大きなトラフィックを分散させる場合は、VMware Identity Manager と同期するために少なくとも 1 つの Integration Broker インスタンスを使用し、SSO を提供するために少なくとも 1 つの Integration Broker インスタンスを使用することをお勧めします。

    • 複数のインスタンスを使用する場合、ロード バランサを使用するかどうか

      導入環境で高可用性と負荷分散のために複数の Integration Broker インスタンスを使用する場合は、1 つ以上のロード バランサの背後にこれらのインスタンスを配置することを検討してください。

  • Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2012 R2 が、最新のアップデートと共にインストールされていることを確認します。アップデートが最新かを確認するには、コントロール パネル > Windows Update を選択します。

  • .NET Framework 3.5 をインストールします。.NET の機能の一部として、バージョン 3.5 がインストールされます。Windows Server 2008 R2 を使用している場合は、WCF アクティベーション を選択していることを確認してください。Windows Server 2012 または 2012 R2 を使用している場合は、HTTP アクティベーション を選択していることを確認してください。

  • Microsoft Visual J#® 2.0 再頒布可能パッケージ Second Edition をダウンロードしてインストールします。オペレーティング システムに応じて、Microsoft Visual J# の 32 ビットまたは 64 ビット バージョンのいずれかをダウンロードする必要があります。

  • Windows Server 2008 R2 の場合は IIS 7 または 7.5、Windows Server 2012 の場合は IIS 8、Windows Server 2012 R2 の場合は IIS 8.5 を構成します。

    注:

    IIS 7 をインストールする場合は、6.0 管理互換モードでインストールします。これが唯一の IIS 7 インスタンスである場合は、管理ツールもインストールする必要があります。

  • Windows Server 2012 または 2012 R2 の場合は、以下の機能、役割、および役割サービスを選択します。これらは、サーバ マネージャの役割と機能の追加ウィザードを使用して選択します。

    機能

    • .NET Framework 3.5 の機能

      • .NET Framework 3.5(.NET 2.0 および 3.0 を含む)

      • HTTP アクティベーション

    • IIS ホスト可能な Web コア

    • Windows プロセス アクティベーション サービス

    • WinRM IIS 拡張機能

    • WoW64 サポート

    例:

    機能


    役割

    • アプリケーション サーバー

    • Web サーバー (IIS)

    • ファイル サーバー

    例:

    サーバの役割


    役割サービス

    アプリケーション サーバーの役割サービス

    • .NET Framework 4.5

    • COM+ ネットワーク アクセス

    • Web サーバー (IIS) サポート

    • Windows プロセス アクティベーション サービス サポート

      • HTTP アクティベーション

    Web サーバーの役割 (IIS) の役割サービス

    • Web サーバー

      • HTTP 共通機能

        • 既定のドキュメント

        • ディレクトリの参照

        • HTTP エラー

        • 静的なコンテンツ

        • HTTP リダイレクト

      • 状態と診断

        • HTTP ログ

        • ログ ツール

        • 要求の監視

        • トレース中

      • パフォーマンス

        • 静的なコンテンツの圧縮

        • 動的なコンテンツの圧縮

      • セキュリティ

        • 要求フィルタ

        • 基本認証

        • クライアント証明書マッピング認証

        • ダイジェスト認証

        • IIS クライアント証明書マッピング認証

        • IP およびドメインの制限

        • URL 承認

        • Windows 認証

      • アプリケーション開発

      • 管理ツール

        • IIS 管理コンソール

        • IIS 6 管理互換

        • IIS 管理スクリプトおよびツール

    例:

    サーバの役割


  • Windows Server 2008 では、以下の役割を選択します。これらは、サーバ マネージャの役割と機能の追加ウィザードを使用して選択します。

    • アプリケーション サーバー

    • Web サーバー (IIS)

    • ファイル サーバー

  • アプリケーション プールを構成します。デフォルトのアプリケーション プールを使用するか、Integration Broker 専用のアプリケーション プールを作成します。

注:

「VMware 製品の相互運用性マトリックス」(http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php)を参照して、バージョン情報を確認してください。

手順

  1. IIS 8.0 以降を使用している場合は、IIS マネージャで、デフォルトの Web サイトの http バインドおよび https バインドに対してホスト名が構成されていないことを確認してください。http バインドおよび https バインドの ホスト名 フィールドは空白のままにする必要があります。例:


    http バインド


  2. IIS マネージャで、デフォルトのアプリケーション プールを構成するか、Integration Broker を使用するようにセットアップしたアプリケーション プールを構成します。
    1. アプリケーション プールをクリックします。
    2. 次の要件を確認します。
      • .NET Framework バージョン 2.0

      • 32 ビット アプリケーションを true に設定します。

      注:

      Windows 2012 および Windows 2012 R2 ではデフォルトで、アプリケーション プールが別のバージョンの .NET Framework に対して構成されている場合があります。アプリケーション プールを .NET Framework 2.0 に対して構成するようにします。

  3. IIS マネージャで、ID を設定します。

    ID ユーザーには、次のロールが必要です。

    • 少なくとも Citrix ファームでの読み取り専用の管理者

    • Integration Broker サーバでの管理者

    1. アプリケーション プールを右クリックします。
    2. [詳細設定] ダイアログで ID をクリックします。
    3. カスタム アカウント設定 の順にクリックします。
    4. ID ユーザーの認証情報を入力します。
  4. Citrix PowerShell SDK をダウンロードしてインストールします。
    1. 適切なバージョンをダウンロードしてインストールします。
      • XenApp 6.0 を使用している場合は、Citrix の Web サイトから、Citrix PowerShell SDK バージョン 6.0 をダウンロードしてインストールします。

      • XenApp 6.5 を使用している場合は、Citrix の Web サイトから Citrix PowerShell SDK バージョン 6.5 をダウンロードしてインストールします。

      • XenApp 7.x または XenDesktop 7.x を使用している場合は、XenApp または XenDesktop 7.x の DVD から、あるいは Citrix の Web サイトから、次の PowerShell SDK をインストールします。

        • Citrix Broker PowerShell スナップイン

        • Citrix Configuration Service PowerShell スナップイン

    2. Citrix PowerShell Remoting の実行ポリシーを設定します。
    3. Citrix XenApp または XenDesktop ファームの実行ポリシーがリモート ログインを使用するように構成されている場合は、信頼されたルート証明機関ストアにルート証明書を追加する必要があります。ストアへのルート証明書の追加については、Microsoft の Web サイトを参照してください。

      Citrix XenApp または XenDesktop ファームの実行ポリシーが制限なしとして構成されている場合は、信頼されたルート証明機関ストアにルート証明書を追加する必要はありません。

  5. このコマンドを実行する前に、PowerShell SDK が正しくインストールされていることを確認してください。
    1. 管理者として PowerShell SDK を起動します。
    2. PowerShell Remoting を検証します。

      このサンプルのコマンドは XenApp または XenDesktop 7.x に適用されます。

      Get-BrokerDesktopGroup -AdminAddress CitrixServerName
      Get-ConfigSite -AdminAddress CitrixServerName
      

      このサンプルのコマンドは Citrix Server Farm 6.5 に適用されます。

      Get-XAApplication -ComputerName CITRIX SERVER NAME

      このサンプルのコマンドは Citrix Server Farm 6.0 に適用されます。

      Invoke-Command -ComputerName XENAPP_HOST_NAME -ScriptBlock { Add-PSSnapin Citrix* ;Get-XAApplication } -Credential DOMAIN\USERNAME
    3. Citrix によってホストされているすべてのアプリケーションがリストに含まれていることを確認します。

次のタスク

Invoke-Command コマンドが失敗する場合は、メモリの問題により Integration Broker を適切に構成できないを参照してください。

次に、Integration Broker を展開して構成します。