View デスクトップおよびアプリケーションは、デスクトップまたはアプリケーションの View での構成内容に基づいて、Horizon Client または Web ブラウザで、VMware Identity Manager Workspace ONE ポータルから起動できます。View デスクトップまたはアプリケーションを Horizon Client のみで使用するように構成する場合は、ユーザーのシステムに Horizon Client をインストールする必要があります。

このタスクについて

View 管理者は、View の HTML Access 機能を使用して、ブラウザ用に View デスクトップまたはアプリケーションを構成できます。この構成は View で行われ、VMware Identity Manager での構成は必要ありません。VMware Identity Manager のユーザーが、ファームからデスクトップやアプリケーションをブラウザで起動するオプションを利用できるかどうかは、Horizon 7 の このファームのデスクトップおよびアプリケーションへの HTML Access を許可 の設定で指定されます。

VMware Identity Manager は、Horizon 6.1.1 以降で HTML Access をサポートします。

VMware Identity Manager は、View が Horizon Client 向けにサポートするすべての表示プロトコルもサポートします。Horizon 7 については、VMware Identity Manager は Horizon Client 4.0 向けの PCoIP および RDP に加えて Blast プロトコルをサポートします。VMware Identity Manager ユーザーが Horizon Client でデスクトップまたはアプリケーションを起動するときには、View でファーム用に設定されたプロトコルが使用されます。

注:

View では、デフォルトの表示プロトコルの設定に加えて、管理者がユーザーに表示プロトコルを選択を許可するかどうかを指定できます。デフォルトのプロトコルをサポートしていない Horizon Client のバージョンをサポートしたい場合は、ユーザーが表示プロトコルを選択できるようにすることをお勧めします。選択を許可しない場合は、アプリケーションまたはデスクトップを起動できません。

表示プロトコルと起動オプションの構成については、Horizon 7、Horizon 6、または View のドキュメントを参照してください。

VMware Identity Manager 管理コンソールでは、View デスクトップまたはアプリケーションでサポートする起動オプションを確認できます。

手順

  1. VMware Identity Manager の管理コンソールにログインします。
  2. カタログ タブをクリックします。
  3. デスクトップ プールを表示するには、任意のアプリケーションの種類 > View デスクトップ プール の順にクリックします。アプリケーションを表示するには、任意のアプリケーションの種類 > View Hosted アプリケーション の順にクリックします。
  4. View アプリケーションまたはデスクトップの名前をクリックします。
  5. 左側の 詳細 をクリックします。
    サポートされているクライアント タイプ フィールドには、起動オプションが表示されます。

    アプリケーションの詳細を表示する


    フィールドの値は、NATIVEBROWSER、または両方になります。NATIVE のみが表示される場合、そのデスクトップまたはアプリケーションを起動できるのは Horizon Client のみです。アプリケーションを VMware Identity Manager から起動するには、ユーザー自身のシステムに Horizon Client をインストールしておく必要があります。BROWSER が表示される場合、アプリケーションまたはデスクトップをブラウザで起動できます。両方を指定すると、ユーザーはアプリケーションの起動方法を選択できます。

    注:

    Horizon 7 を統合する場合、サポートされているクライアント タイプ リストに ブラウザ オプションを表示させるには、Horizon 7 で このファームでデスクトップおよびアプリケーションに対して HTML Access を許可する オプションを有効にする必要があります。