VMware Identity Manager と統合する Citrix サーバで、Citrix PowerShell Remoting を有効にする必要があります。Citrix PowerShell Remoting により Integration Broker と Citrix サーバ ファーム間の接続が有効になります。

手順

  1. VMware Identity Manager と統合する Citrix サーバに SSL サーバ証明書をインストールします。

    SSL サーバ証明書のインストール方法の詳細については、Microsoft ドキュメントを参照してください。

  2. プロパティ をクリックして、証明書のサーバ認証が有効になっていることを確認します。
  3. Citrix PowerShell Remoting を有効にします。
    1. Citrix PowerShell モジュール > プログラム ファイル を開きます。
    2. set-executionpolicy remotesigned コマンドを入力します。
    3. Import-Module コマンドを入力します。

      Import-Module C:\Program Files\Citrix\PowerShell Modules\Citrix.XenApp.Commands.Remoting\Enable-XAPSRemoting.ps1

      Citrix PowerShell モジュールがデフォルトの場所にインストールされていない場合は、デフォルトのパスを環境で使用されているパスに置き換えます。

    4. Enable-XAPSRemoting コマンドを入力します。