RabbitMQ サービスは、アップグレード後に機能しなくなります。

解決方法

RabbitMQ ノードは起動したときと逆の順序で停止する必要があります。これによってマスター ノードの順序が維持されます。起動順序を決めるには、各サーバの /db/rabbitmq/data/*/nodes_running_at_shutdown ファイルを確認します。まず、すべてのノードをリストするノードをシャットダウンします。たとえば、node1、node2、node3 の 3 つのノードを起動した場合、ノード 3 の nodes_running_at_shutdown ファイルには node1,node2,node3 とリストされます。ノード 2 には node1,node2 とリストします。ノード 1 には node1 とリストします。3、2、1 の順にシャットダウンします。

手順

  1. クラスタの各 VMware Identity Manager アプライアンスの RabbitMQ ノードを停止します。

    rabbitmqctl stop と入力します。

    先に進む前に、クラスタの各 RabbiMQ ノードに対してこれを実行します。

  2. 最後に停止したノード上で RabbitMQ ノードを起動します。

    rabbitmq-server -detached と入力します。

  3. ノードが起動したことを確認します。

    rabbitmqctl status と入力します。

  4. 手順 2 および 3 に従って、クラスタの他の RabbitMQ ノードを正しい順序で起動します。
  5. RabbitMQ がクラスタから切断されていることを確認します。

    rabbitmqctl cluster_status と入力します。

  6. VMware Identity Manager サービスを再起動します。

    service horizon-workspace restart と入力します。