オフライン アップグレードを実行するには、ローカルの Web サーバを参照するように VMware Identity Manager アプライアンスを構成します。その後にアプライアンスをアップグレードします。

手順

  1. VMware Identity Manager アプライアンスに root ユーザーとしてログインします。
  2. 次のコマンドを実行して、ローカルの Web サーバを使用するアップグレード リポジトリを構成します。
    /usr/local/horizon/update/updatelocal.hzn seturl http://YourWebServer/VM/
    		  
    注:

    構成を元に戻してオンライン アップグレードの機能を回復するには、次のコマンドを実行します。

    /usr/local/horizon/update/updatelocal.hzn setdefault

  3. アップグレードを実行します。
    1. 次の updatemgr.hzn コマンドを実行します。
      /usr/local/horizon/update/updatemgr.hzn updateinstaller
    2. 次のコマンドを実行します。
      /usr/local/horizon/update/updatemgr.hzn update

      アップグレード中に発生したメッセージは、update.log ファイル(/opt/vmware/var/log/update.log)に保存されます。

    3. もう一度 updatemgr.hzn check コマンドを実行して、より新しいアップデートがないことを確認します。
      /usr/local/horizon/update/updatemgr.hzn check
    4. アップグレードしたアプライアンスのバージョンを確認します。
      vamicli version --appliance

      このコマンドは新しいバージョンを表示します。

    5. 仮想アプライアンスを再起動します。

      たとえば、コマンド ラインで次のコマンドを実行します。

      reboot

タスクの結果

アップグレードは完了です。

仮想アプライアンスが起動した後、15 ~ 20 分間は管理コンソールの検索とオートコンプリート機能を利用できないことに注意してください。バージョン 2.7 では、検索インデックスは VMware Identity Manager アプライアンスに組み込まれた検索と解析エンジンである Elasticsearch に移動されました。移行プロセスが完了するには、仮想アプライアンスの起動後 15 ~ 20 分かかる場合があります。

また、検索とオートコンプリート機能を有効にするには、監査が無効化されていないことが必要です。監査の設定は カタログ > 設定 > 監査 ページで確認することができます。