VMware Identity Manager 仮想アプライアンスは、VMware のアップデート サーバにインターネットでアクセスします。HTTP プロキシを使用するインターネット アクセスをネットワーク構成で指定している場合は、アプライアンスのプロキシ設定を調整する必要があります。

このタスクについて

インターネット トラフィックのみを処理するプロキシを有効にします。プロキシが正しく設定されていることを確認するために、ドメイン内の内部トラフィック用のパラメータを no-proxy に設定します。

注:

認証が必要なプロキシ サーバはサポートされません。

前提条件

  • 仮想アプライアンスの root パスワードを確認します。

  • プロキシ サーバ情報があることを確認します。認証が必要なプロキシ サーバはサポートされないことに注意してください。

手順

  1. VMware Identity Manager 仮想アプライアンスに root ユーザーとしてログインします。
  2. コマンド ラインに YaST と入力して YaST ユーティリティを実行します。
  3. 左の表示枠ペインで ネットワーク サービス を選択してから、プロキシ を選択します。
  4. HTTP プロキシ URL フィールドと HTTPS プロキシ URL フィールドにプロキシ サーバの URL を入力します。
  5. 終了 を選択して YaST ユーティリティを終了します。
  6. VMware Identity Manager 仮想アプライアンスで Tomcat サーバを再起動して新しいプロキシ設定を使用します。
    service horizon-workspace restart

タスクの結果

VMware Identity Manager 仮想アプライアンスで VMware のアップデート サーバを利用できるようになりました。