VMware Identity Manager 仮想アプライアンスをオンラインでアップグレードする前に、前提条件となる次のタスクを実行します。

  • 仮想アプライアンスのプライマリ ルート パーティションで利用可能なディスク容量が 2.5 GB 以上あることを確認します。

  • バックアップのために仮想アプライアンスのスナップショットを取得します。スナップショットの取得方法の詳細については、vSphere のドキュメントを参照してください。

  • 外部データベースを使用している場合は、そのデータベースのスナップショットまたはバックアップを取得します。

  • VMware Identity Manager が適切に構成されていることを確認します。

  • 仮想アプライアンスが、HTTP を介してポート 80 で vapp-updates.vmware.com を解決してアクセスできることを確認します。

  • アウトバウンドの HTTP アクセスのために HTTP プロキシ サーバが必要な場合は、仮想アプライアンスのプロキシ サーバ設定を構成します。VMware Identity Manager アプライアンスのプロキシ サーバ設定を構成するを参照してください。

  • VMware Identity Manager のアップグレードが存在することを確認します。適切なコマンドを実行して、アップグレードを確認します。VMware Identity Manager をオンラインでアップグレードできるかどうかをチェックするを参照してください。