フェイルオーバーまたは高可用性の目的でクラスタ内に複数のVMware Identity Manager仮想アプライアンスを展開している場合、一度に 1 つずつノードをアップグレードすることができます。アップグレードのタイミングは、アップグレード中に発生するダウンタイムを考慮して計画してください。

手順

  1. データベースと VMware Identity Managerノードのスナップショットを取得します。
  2. 1 つを残してすべてのノードをロード バランサから削除します。
  3. ロード バランサに接続されているノードをアップグレードします。
    VMware Identity Manager のオンライン アップグレードまたは VMware Identity Manager のオフライン アップグレードで説明されている、オンラインまたはオフラインのアップグレード プロセスに従います。
    重要: : アップグレードのプロセスではダウンタイムが発生することを考慮してください。
  4. ノードをアップグレードした後、ロード バランサに接続したままにしておきます。
    これによって、他のノードのアップグレード中でも VMware Identity Managerサービスが利用可能になります。
  5. 他のノードを一度に 1 つずつアップグレードします。
  6. アップグレードされたノードでは、RabbitMQ がクラスタ モードで実行されていないことを確認します。
    2.9.1 リリースでは、RabbitMQ クラスタリングは無効にされています。
    1. アップグレードされたノードに一度に 1 つずつログインします。
    2. 次のコマンドを入力します。
      rabbitmqctl cluster_status

      コマンドは、ノードごとに次のようなステータスを返します。

      sva-1:~ # rabbitmqctl cluster_status
      Cluster status of node 'rabbitmq@sva-1' ...
      [{nodes,[{disc,['rabbitmq@sva-1']}]},
       {running_nodes,['rabbitmq@sva-1']},
       {cluster_name,<<"rabbitmq@sva-1.hs.trcint.com">>},
       {partitions,[]},
       {alarms,[{'rabbitmq@sva-1',[]}]}]
      
  7. ノードがすべてアップグレードされたら、ロード バランサに再度追加します。