VMware Identity Manager仮想アプライアンスでインターネット接続が可能な場合は、アプライアンスをオンラインでアップグレードできます。

このタスクについて

重要:

バージョン 2.9.2.1 へのオンライン アップグレードのコマンドは、以前のリリースのコマンドと異なります。バージョン 2.9.2.1 にアップグレードするには、確実に以下の説明に従ってください。

前提条件

  • オンライン アップグレードの前提条件にリストされている前提条件を満たしていることを確認してください。

  • 仮想アプライアンスがパワーオンされていること、そして機能していることを確認。

手順

  1. VMware Identity Manager仮想アプライアンスに root ユーザーとしてログインします。
  2. 次の updatemgr.hznコマンドを実行します。
    /usr/local/horizon/update/updatemgr.hzn updateinstaller
  3. 次のコマンドを実行して、オンラインのアップグレードが存在することを確認します。
    /usr/local/horizon/update/updatemgr.hzn check

    このコマンドは、使用可能な最新バージョンを返します。

  4. 次のコマンドを実行して、アプライアンスをバージョン 2.9.2.1 に更新します。
    /usr/local/horizon/update/configureupdate.hzn provider --url https://vapp-updates.vmware.com/vai-catalog/valm/vmw/5C08B358-F782-11E1-8F08-78776188709B/2.9.2.1

    アップグレード中に発生したメッセージは、update.log ファイル(/opt/vmware/var/log/update.log)に保存されます。

  5. アップグレードしたアプライアンスのバージョンを確認します。
    vamicli version --appliance

    新しいバージョンが表示されます。

  6. 仮想アプライアンスを再起動します。

    reboot

タスクの結果

アップグレードは完了です。