[仮想アプリケーションのコレクション] ページから、Horizon デスクトップとアプリケーション、Horizon Cloud デスクトップとアプリケーション、Citrix 公開リソース、および ThinApp アプリケーションを VMware Identity Manager に統合することができます。

前提条件

3.1 以前では、これらのデスクトップとアプリケーションは [カタログ] > [デスクトップとアプリケーションの管理] メニューから管理されていました。『VMware Identity Manager 3.0 でのリソースのセットアップ』ガイドを参照してください。

  • VMware Identity Manager サービスのすべてのインスタンスは、バージョン 3.1 以降である必要があります。
  • リソースの同期に使用されるすべてのコネクタは、バージョン 2017.12.1.0 以降である必要があります。

手順

  1. 管理コンソールで、[カタログ] > [仮想アプリケーションのコレクション] タブを選択します。
  2. ページの右上にある [仮想アプリケーションを追加] をクリックし、統合のタイプ([Citrix 公開アプリケーション] など)を選択します。

    プロファイルの追加

  3. 構成情報を入力します。
    次のフィールドは、すべての種類の統合に共通です。
    オプション 説明
    名前 コレクションの一意の名前を入力します。
    同期コネクタ コレクション内のリソースを同期するためのコネクタを選択します。高可用性のためにコネクタのクラスタを設定した場合は、[コネクタを追加] をクリックし、フェイルオーバーの順序でクラスタ内のその他のコネクタを選択します。
    同期間隔 コレクション内のリソースを同期する頻度を選択します。自動的な同期スケジュールを設定しない場合は [手動] を選択します。
    アクティベーション ポリシー

    リソースを Workspace ONE でどのようにユーザーに提供するかを選択します。

    [アクティベーションされたユーザー][自動] の両方のオプションを使用して、リソースは [カタログ] ページに追加されます。ユーザーは、[カタログ] ページからリソースを使用したり、[ブックマーク] ページに移動したりすることができます。ただし、任意のアプリケーションの承認フローを設定するには、そのアプリケーションの [アクティベーションされたユーザー] を選択する必要があります。

    ここで選択するアクティベーション ポリシーは、コレクションのすべてのリソースに対するすべてのユーザー資格に適用されます。アプリケーションまたはデスクトップの [資格] ページから、個々のユーザーまたはグループのアクティベーション ポリシーをリソースごとに変更することができます。

    承認フローを設定する場合は、コレクションのアクティベーション ポリシーを [アクティベーションされたユーザー] に設定することをお勧めします。

  4. 残りのフィールドには、統合のタイプごとに異なる構成情報を入力します。
    特定のタイプのリソースを統合する方法については『 VMware Identity Manager 3.1 でのリソースのセットアップ』ガイドを参照してください。
  5. [保存] をクリックします。
    コレクションが作成されます。[仮想アプリケーションのコレクション] ページからコレクションを表示および編集できます。

次のタスク

新しいコレクション内のリソースはまだ同期されていません。コレクションの同期スケジュールを設定した場合、リソースは次回のスケジュール設定された時間に同期されます。リソースを手動で同期するには、[仮想アプリケーションのコレクション] ページでコレクションの横にある [同期] をクリックします。