iOS デバイスの場合は、iOS アプリケーション開発者にログを送信するために、Rage Shake 機能を使用できます。

ユーザーが自分のデバイスをシェイクし、デバイスが現在の状態をログに記録します。詳細をデフォルトで Workspace ONE アプリケーション開発者に E メール メッセージで送信します。ユーザーは、別のメール アドレスを手動で入力し、別のアドレスに情報を送信できます。

ユーザーは、「シェイクでフィードバックを送信」機能を自分のデバイスの [設定] > [ワークスペース] ページから有効にできます。ユーザーは Workspace ONE ポータルの任意の画面から Rage Shake を使用し、レポートを送信します。

図 1. 「シェイクでフィードバックを送信」機能を有効にします。

iOS デバイスがこのデバイスが別のユーザーまたは環境に登録されていることを示すエラー メッセージを受信すると、デバイスのローカルに格納されているすべてのアプリケーション データをクリアするための手動でのアプリケーション リセット オプションを使用できます。