組織の Web アプリケーションをカタログに追加し、ユーザーおよびグループがこれらのアプリケーションにアクセスできるようにすることができます。

管理コンソール の [カタログ] ページで、Web アプリケーションをカタログに直接取り込みます。[カタログ] ページに表示されている Web アプリケーションをクリックすると、そのアプリケーションについての情報が表示されます。表示されたページで Web アプリケーションを構成できます。たとえば、適切な SAML 属性を指定し、VMware Identity Manager とターゲットの Web アプリケーション間にシングル サインオンを構成できます。Web アプリケーションが構成されると、その Web アプリケーションの使用資格をユーザーとグループに付与できるようになります。

Web アプリケーションのエントリをカタログに追加するときに、アプリケーション レコードを作成し、Web アプリケーションのアドレスを構成します。VMware Identity Manager サービスではアプリケーション レコードをテンプレートとして使用して、Web アプリケーションとの安全な接続を確立します。

次の方法を使用して、[カタログ] タブから Web アプリケーションのアプリケーション レコードをカタログに追加できます。

方法

説明

クラウド アプリケーション カタログから追加

クラウド アプリケーション カタログに、一般的なエンタープライズ Web アプリケーション タイプがリストされています。これらのフェデレートされたアプリケーションは、部分的に構成されています。アプリケーション レコード フォームの残りの部分は入力が必要です。

新規作成

クラウド アプリケーション カタログにリストされていない Web アプリケーションをカタログに追加できます。フェデレートされていないアプリケーションは新規アプリケーションとして作成されます。Web アプリケーションのアプリケーション レコードは、クラウド アプリケーション カタログのアプリケーションよりも汎用性に優れています。アプリケーションの説明および構成情報を入力して、アプリケーション レコードを作成します。

zip または jar ファイルをインポート

サービスで構成済みの Web アプリケーションをインポートできます。この方式は、ステージング環境から本番環境に展開環境を移行する際に使用することをお勧めします。そのような場合は、ステージング環境から ZIP ファイルで Web アプリケーションをエクスポートします。それからその ZIP ファイルを本番環境にインポートします。

Web アプリケーションをカタログに追加した後に、使用資格、アクセス ポリシー、ライセンス、およびプロビジョニング情報を構成できます。