クラスタ内の各ノードに対して、AirWatch のインストール ディレクトリから VMware Identity Manager 3.1 ファイルを移行し、Windows 版 VMware Identity Manager をアップグレードします。アップグレードのタイミングは、アップグレード中に発生するダウンタイムを考慮して計画してください。

前提条件

  • 3.2.0.1 への移行とアップグレードを行う前に、データベースと VMware Identity Manager ノードのスナップショットを作成します。

  • Microsoft SQL データベースで db_owner ロールを取り消した場合は、アップグレードを実行する前にロールを追加しなおす必要があります。そうしないと、アップグレードは失敗します。アップグレード前に db_owner ロールを追加するを参照してください。

  • SQL Server 可用性グループを備えた VMware Identity Manager サーバをアップグレードするには、サーバをアップグレードする前に可用性グループを無効にする必要があります。アップグレード後に、可用性グループを再度有効にする必要があります。アップグレード前に SQL Server AlwayOn 可用性グループを無効にするを参照してください。

  • 1 つを残してロード バランサからのすべてのノードを停止します。

手順

  1. VMware Identity Manager インストーラをダブルクリックします。

    管理者権限のあるアカウントからインストーラを実行します。

    インストーラは以前のバージョンの Identity Manager を検出し、ユーザーに対して、OK を選択して AirWatch をアンインストールし、VMware Identity Manager インストールを移行するように要求します。

  2. OK を選択します。

    VMware Identity Manager 構成ディレクトリは、ローカル ドライブ vidm-migration-staging ディレクトリに移行されます。

  3. アップグレードを開始するには、次へ をクリックします。
  4. エンド ユーザー使用許諾契約書 (EULA) に同意し、次へ をクリックします。
  5. カスタマー エクスペリエンス向上プログラム ダイアログ ボックスのデフォルトのアクションは [はい] に設定されています。

    本製品は、VMware カスタマー エクスペリエンス向上プログラム(「CEIP」)に参加しています。CEIP を通して収集されるデータおよび VMware のその使用目的に関する詳細は、Trust & Assurance (http://www.vmware.com/trustvmware/ceip.html) に記載されています。この製品で VMware の CEIP への参加を希望されない場合は、チェック ボックスをオフにします。

    この製品の CEIP は、インストール後にいつでも参加または中止していただけます。

    注:

    CEIP で収集されたデータを VMware に送信するために HTTP プロキシを介してインターネットに接続するようにネットワークが構成されている場合、VMware Identity Manager マシンでプロキシ設定を調整する必要があります。

  6. VMware Identity Manager の前提条件が一覧表示されます。インストーラは、必要なモジュールをチェックします。必要なモジュールをインストールするように求められます。
  7. VMware Identity Manager サービスをインストールするディレクトリを選択します。
  8. [構成] ダイアログ ボックスで、[内部サーバのホスト名] とポート番号 443 が正しいことを確認し、次へ をクリックします。
  9. [VMware Identity Manager サービス アカウント] ダイアログ ボックスで、サービスを Windows ドメイン ユーザーとして実行する場合はチェック ボックスをオンにし、使用するドメイン アカウントのユーザー名とパスワードを入力します。ユーザー名は DOMAIN\Username の形式で指定します。

    次の場合にドメイン ユーザーとしてサービスを実行します。

    • Active Directory(統合 Windows 認証)に接続する場合。

    • 会社の KDC で Kerberos 認証を使用する計画の場合。

    • Horizon (View) を VMware Identity Manager と統合し、[ディレクトリ同期を実行] を使用する場合。

    ドメイン ユーザー アカウントを使用しない場合は、サービスはローカル システムとして実行されます。

  10. インストール をクリックして、アップグレードを開始します。

    アップグレード中に、次のアクションが実行されます。

    • AirWatch ディレクトリがアンインストールされます。

    • vidm-migration-staging フォルダ内のファイルが手順 7 で作成したディレクトリにコピーされます。

    • そのディレクトリ内のファイルは、VMware Identity Manager 3.2.0.1 にアップグレードされます。

  11. 終了 をクリックします。

タスクの結果

アップグレードが完了し、VMware Identity Manager サービスが再起動します。

次のタスク

クラスタ内のその他のノードをアップグレードします。

SQL Server の可用性グループを無効にした場合は、可用性グループを再度有効にします。AlwaysOn 可用性グループを再度有効にするを参照してください。

アップグレード用に db_owner ロールを追加した場合は、このロールを無効にすることができます。データベース レベルのロールの変更を参照してください。