同期のセーフガードのしきい値設定を構成することにより、ディレクトリの同期でユーザーとグループに加えられる変更の数が制限されます。

注: : 同期のセーフガード機能を使わない場合、ドロップダウン メニューから値を削除します。同期のセーフガードのしきい値のテキスト ボックスが空白の場合、セーフガードの同期は無効になります。

手順

  1. VMware Identity Manager コンソールの [ID とアクセス管理] タブで、[管理] > [ディレクトリ] の順に選択します。
  2. セーフガードを設定するディレクトリを選択して、[同期設定] をクリックします。
  3. [セーフガード] をクリックします。
  4. 同期が失敗するトリガーの変更割合 (%) を設定します。
  5. [保存] をクリックします。