コネクタを展開するには、vSphere Client または vSphere Web Client を使用して vCenter Server にコネクタ仮想アプライアンスをインストールし、パワーオンし、VMware Identity Manager テナントで生成したアクティベーション コードを使用して有効にします。

前提条件

  • my.vmware.com の VMware Identity Manager 製品ページからコネクタの OVA ファイルをダウンロードします。
  • vSphere Client または vSphere Web Client があることを確認します。
  • vSphere Web Client を使用する場合は、Firefox ブラウザまたは Chrome ブラウザを使用します。Internet Explorer を使用して OVA ファイルを展開しないでください。
  • アプライアンスで使用する DNS レコードとホスト名を特定します。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client で、[ファイル] > [OVF テンプレートを展開] を選択します。
  2. ウィザードの指示に従ってテンプレートを展開します。
    ページ 説明
    vCenter Server の IP アドレス OVA パッケージの場所を参照するか、または特定の URL を入力します。
    OVA テンプレートの詳細 正しいバージョンを選択していることを確認します。
    ライセンス エンド ユーザー使用許諾契約を読み、[同意する] をクリックします。
    名前と場所 仮想アプライアンスの名前を入力します。名前はインベントリ フォルダ内で一意である必要があり、最大で 80 文字指定できます。名前の大文字と小文字は区別されます。

    仮想アプライアンスの場所を選択します。

    ホスト/クラスタ ホストまたはクラスタを選択して展開したテンプレートを実行します。
    リソース プール リソース プールを選択します。
    ストレージ 仮想マシン ファイルを格納する場所を選択します。
    ディスク形式 ファイルのディスク形式を選択します。本番環境の場合は、[シック プロビジョニング] 形式を選択します。評価やテストには [シン プロビジョニング] 形式を使用します。
    ネットワークのマッピング ユーザーの環境のネットワークを OVF テンプレートのネットワークにマッピングします。
    プロパティ
    1. [タイムゾーンの設定] フィールドで、正しいタイム ゾーンを選択します。
    2. デフォルトでは、[カスタマ エクスペリエンス改善プログラム] チェック ボックスはオンになっています。VMware はお客様のご要望への対応を向上させるために、お客様の展開環境に関する匿名データを収集します。データを収集されたくない場合は、チェック ボックスをオフにします。
    3. [ホスト名] テキスト ボックスに、使用するホスト名を入力します。空白にすると、逆引き DNS を使用してホスト名が参照されます。
    4. コネクタに固定 IP アドレスを構成するには、デフォルト ゲートウェイ、DNS、IP アドレス、およびネットマスクのそれぞれにアドレスを入力します。
      重要: ホスト名を含む 4 つのアドレス フィールドのいずれかが空白の場合は、DHCP が使用されます。

    DHCP を構成する場合は、アドレス フィールドを空白のままにしておきます。

    設定の確認 選択内容を確認し、[終了] をクリックします。
    ネットワークの速度によっては、展開に数分かかることがあります。進捗のダイアログ ボックスで進捗状況を表示できます。
  3. 展開が完了したら、 アプライアンスを選択して右クリックし、[パワー] > [パワーオン] を選択します。
    アプライアンスは初期化されます。 [コンソール] タブで詳細を確認できます。仮想アプライアンスの初期化が完了すると、コンソール画面に のバージョンと、 セットアップ ウィザードにログインするための URL が表示されます。
  4. セットアップ ウィザードを実行するには、[コンソール] タブに表示される コネクタ の URL をブラウザで開きます。
  5. [ようこそ] ページで、[続行] をクリックします。
  6. 次のコネクタ仮想アプライアンスの管理者アカウントでは強力なパスワードを作成します。
    強度の高いパスワードの長さは、少なくとも 8 文字であり、大文字と小文字が含まれ、少なくとも 1 つ数字および特殊文字が含まれる必要があります。
    オプション 説明
    アプライアンス管理者 アプライアンス管理者のパスワードを作成します。ユーザー名は [admin] です。変更することはできません。このアカウントとパスワードを使用してコネクタ サービスにログインし、証明書、アプライアンスのパスワード、および syslog の構成を管理します。
    重要: [admin] ユーザーは、6 文字以上のパスワードを使用する必要があります。
    root アカウント デフォルトの VMware root パスワードが、コネクタ アプライアンスのインストールに使用されました。新しい root パスワードを作成します。
    sshuser アカウント コネクタ アプライアンスへのリモート アクセスに使用するパスワードを作成します。
  7. [続行] をクリックします。
  8. [コネクタのアクティベーション] ページで、アクティベーション コードを貼り付けて、[続行] をクリックします。
    アクティベーション コードが検証され、テナントと コネクタ インスタンス間の通信が確立されます。

    コネクタ のセットアップは完了です。

次のタスク

[セットアップが完了しました] ページのリンクをクリックして、テナントの管理コンソールに移動します。テナント用に受け取った一時的な管理者ユーザー名およびパスワードを使用してログインします。次に、ディレクトリ接続をセットアップします。