VMware Identity Manager for Windows 3.2.0.1 以降、AirWatch インストーラの EXE セットアップ ファイルには VMware Identity Manager のインストールが含まれなくなりました。

個別の VMware Identity Manager EXE セットアップ ファイルは、My VMware のダウンロード ページからダウンロードできます。

サポートされるアップグレード パス

VMware Identity Manager 3.1 は、AirWatch バージョン 9.2.2 から 9.3.x の AirWatch インストールの一部としてインストールされます。

AirWatch インストールからバージョン 3.3 にアップグレードするには、VMware Identity Manager のバージョンが 3.1 でなければなりません。

バージョン 3.1 へのアップグレード手順については、『VMware AirWatch アップグレード ガイド』を参照してください。

アップグレード プロセスの概要

VMware Identity Manager for Windows 3.3 はスタンドアロンのインストーラであるため、3.1 からアップグレードすると、VMware Identity Manager の EXE ファイルを実行するときに次のアクションが実行されます。

  • VMware Identity Manager インストール ディレクトリを AirWatch ディレクトリ構造からサーバ上のステージング ディレクトリに移行します。

  • サーバから AirWatch ディレクトリをアンインストールします。

  • ステージング ディレクトリから VMware ディレクトリにファイルをコピーします。

  • VMware Identity Manager のアップグレード

アップグレード プロセスはインストール プロセスと大きく変わりません。構成した値と設定は自動的に反映されます。設定を確認し、インストーラで [次へ] を選択することができます。