VMware Identity Manager は、アプリケーション プロビジョニング、セルフサービス カタログ、条件付きアクセス制御に加え、Software as a Service (SaaS) アプリケーション、Web アプリケーション、クラウド アプリケーション、およびネイティブ モバイル アプリケーションへのシングル サインオン (SSO) を提供するサービスとしての ID (IDaaS) 製品です。VMware Identity Manager は、クラウド製品またはオンプレミス インストールとして提供されます。

VMware Identity Manager は、すべてのデバイスに安全に提供されたエンタープライズ クラスの統合ワークスペースにアプリケーションをまとめることによって、どのデバイスからもアプリケーションにアクセスできるようにし、エンド ユーザー側の操作を簡素化します。IT 部門は、ユーザー プロビジョニング、エンタープライズ クラスのディレクトリ統合を使用するアクセス ポリシー、および ID フェデレーションを、中央から統合管理できます。

VMware Identity Manager の主な機能

  • 組み込み ID プロバイダ (IDP) を利用するか、既存のオンプレミス ID プロバイダと連携することで、ビジネス モビリティを簡素化します。これにより、SaaS アプリケーション、ネイティブ モバイル アプリケーション、Windows 10 アプリケーションを単一の Workspace ONE カタログに統合することができます。

  • ユーザー、デバイス、ハイブリッド クラウド間の信頼関係を確立して、シームレスな使用環境を実現し、AirWatch デバイスの登録や SSO アダプタを活用した強力な条件付きアクセス制御をサポートします。

  • ブランド化されたセルフサービス アプリケーション ストアを構築することにより、従業員は自動または手動プロビジョニングを使用して、さまざまなデバイスでアプリケーションを購読できます。

参考資料

SAML ベース SSO 統合のドキュメント センター

VMware Unified Access Gateway ドキュメント センター