VMware Identity Manager Connectorがロード バランサの背後で構成されている場合は、ロード バランサとコネクタ間で SSL トラストを確立する必要があります。コネクタルート証明書は、信頼できるルート証明書としてロード バランサにコピーする必要があります。

VMware Identity Manager Connector証明書は、https://connectorFQDN:8443/cfg/ssl にあるコネクタの管理者ページからダウンロードできます。

コネクタのドメイン名がロード バランサを参照している場合は、SSL をロード バランサのみに適用できます。

手順

  1. コネクタの管理者ページ https://connectorFQDN:8443/cfg/login に管理者ユーザーとしてログインします。
  2. [SSL 証明書のインストール] を選択します。
  3. [サーバ証明書] タブで、[アプライアンスの自己署名ルート CA 証明書] フィールドのリンクをクリックします。


    [サーバ証明書] タブからコネクタ証明書をダウンロードする


  4. -----BEGIN CERTIFICATE----- と -----END CERTIFICATE---- の行を含み、これらの行の間にあるすべての行をコピーして、各ロード バランサの正しい場所にルート証明書を貼り付けます。ロード バランサのドキュメントを参照してください。

次のタスク

ロード バランサのルート証明書をコピーして、VMware Identity Manager Connectorに貼り付けます。