AirWatch Cloud Connector (ACC) を使用して VMware Identity Manager との Active Directory 同期を展開した Workspace ONE ユーザーは、VMware Identity Manager Connector に含まれている追加の機能を利用する場合、移行の手順に従う必要があります。このワンタイム手順により、タイプが他の ACC ディレクトリが、タイプが LDAP 経由の Active Directory または統合 Windows 認証経由の Active Directory のディレクトリに変換されます。これらは VMware Identity Manager Connector と関連付けられています。この手順では、既存のディレクトリまたは関連付けられているすべての資格が削除されるわけではありません。

他のディレクトリの変換には、次のタスクが含まれます。

  1. 他のディレクトリを LDAP 経由の Active Directory または統合 Windows 認証経由の Active Directory に変換します。

  2. 必要に応じて、ディレクトリに対して追加のVMware Identity Managerコネクタ認証方法を設定します。パスワード認証方法は、デフォルトで使用可能です。

  3. デフォルトのポリシーおよびカスタム ポリシーを編集して、パスワード (AirWatch Connector) の代わりにパスワードまたは別の VMware Identity Managerコネクタ認証方法を使用します。

  4. AirWatch から VMware Identity Managerディレクトリへのユーザーおよびグループ同期を停止します。