viocli volume-migrate コマンドを使用して、データストア間で 1 つ以上の未接続ボリュームを移行します。

  • ボリュームが接続されている場合、ボリュームの移行は失敗します。

    この場合は、対応するインスタンスを移行します。 接続済みボリュームはインスタンスとともに移行されます。

    注:

    対応するボリューム シャドウ仮想マシンは移行されません。 これらのボリューム シャドウ仮想マシンを移行するには、viocli ds-migrate-prep コマンドを実行してから、vSphere Web Client を使用してシャドウ仮想マシンを移行します。

  • ボリュームにターゲット データストアで満たすことができないストレージ ポリシーがある場合、ボリュームの移行は失敗します。

    --ignore-storage-policy パラメータを含めることで強制的に移行できます。 非準拠データストアへの移行でストレージ ポリシーが無視されると、このコマンドは警告を出力します。

viocli volume-migrate コマンドは次の構文を使用します。

viocli volume-migrate [-d [NAME]] \
                      [--source-dc [SRC_DC_NAME]] [--source-ds [SRC_DS_NAME]] \
                      [--volume-ids [VOLUME_UUIDS]] [--ignore-storage-policy] \
                      DEST_DC_NAME DEST_DS_NAME [-h] [-v]

パラメータ

必須か任意か

説明

-d, --deployment NAME

自動

ボリュームが移行されるデプロイの名前。

自動的に適用されます。 デフォルト値は現在のデプロイの名前です。

--source-dc SRC_DC_NAME

VOLUME_UUIDS が指定されていない場合は必須

ソース データセンターを指定します。

--source-ds パラメータとともに使用してデータストアを一意に識別します。

--source-ds SRC_DS_NAME

VOLUME_UUIDS が指定されていない場合は必須

--source-dc パラメータとともに使用してデータストアを一意に識別します。

たとえば、次のコマンドはデータセンター DC-01 のデータストア DS-01 からデータセンター DC-02 のデータストア DS-02 にすべてのボリュームを移行します。

viocli volume-migrate --source-dc DC-01 --source-ds DS-01 DC-02 DS-02

--volume-ids VOLUME_UUIDS

SRC_DC_NAME および SRC_DS_NAME が指定されていない場合は必須

UUID 値で指定された 1 つ以上の個別ボリュームを移行します。 複数のボリュームを指定するには、UUID をコンマで区切ります。

たとえば、次のコマンドは UUID 値で指定された 2 つのボリュームをデータセンター DC-01 のデータストア DS-01 に移行します。

viocli volume-migrate --volume-ids 25e121d9-1153-4d15-92f8-c92c10b4987f, 4f1120e1-9ed4-421a-b65b-908ab1c6bc50 DC-01 DS-01

--ignore-storage-policy

任意

ストレージ ポリシーのコンプライアンス チェックを無視します。

このパラメータを含めると、移行されるボリュームに移行先データストアが準拠しないストレージ ポリシーがある場合に、移行の失敗を防ぐことができます。

DEST_DC_NAME

必須

ターゲット データセンターを指定します。

DEST_DS_NAME

必須

ターゲット データストアを指定します。

-h, --help

任意

このコマンドの使用方法と引数を表示します。

-v, --verbose

任意

詳細モードに切り替えます。