OpenStack にサーバ グループを作成し、希望のフィルタをグループ ポリシーとして適用することにより、アフィニティまたは非アフィニティを使用するインスタンスを配置することができます。サーバ グループのメンバーであるすべてのインスタンスにはアフィニティまたは非アフィニティ ポリシーが適用されます。この構成は Python nova-client の ServerGroup API を使用して実行することができます。

始める前に

  • 意図した非アフィニティ フィルタ構成が、ホスト上のインスタンス配置を管理する DRS ルールなどの既存の管理構成と競合しないことを確認します。

  • VMware Integrated OpenStack バージョン 2.0.x 以降を実行していることを確認します。

  • VMware Integrated OpenStack が実行していることを確認します。

  • ServerGroup API に必要な Python nova-client バージョン 2.17.0.6 以降を使用していることを確認します。http://docs.openstack.org/user-guide/common/cli_install_openstack_command_line_clients.html に移動します。

手順

  1. 非アフィニティ ポリシーを持つサーバ グループを作成します。
    POST /v2/TENANT_ID/os-server-groups
    
    {
        "server_group": {
            "name": "SERVER_GROUP_NAME",
            "policies": ["POLICY_TYPE"]
        }
    }

    オプション

    説明

    TENANT_ID

    OpenStack テナントの ID 値。

    SERVER_GROUP_NAME

    サーバ グループの名前を指定します。

    POLICY_TYPE

    affinity または anti-affinity を指定します。

  2. GET /servers コマンドにサーバ グループ ID を持つ os:scheduler_hints 引数を含めて、新しいインスタンスを起動します。
    ... "os:scheduler_hints": {"group": "SERVER_GROUP_UUID"}
  3. (オプション) : 新しいルールおよびサーバ グループ インスタンスが表示され vCenterVMware Integrated OpenStack デプロイで正確に実行していることを確認します。

    ルールの詳細がコンピューティング クラスタの 管理 > 設定 > 仮想マシン/ホスト ルールページに表示されます。