ハードウェア要件は、各コンポーネントで使用される仮想マシンの数に基づきます。たとえば、ロード バランシングで 2 つの仮想マシンが使用されると、各仮想マシンで 2 つの CPU を必要とし、合計で 4 つの CPU が必要とされます。要件は、OpenStack デプロイの Networking コンポーネントで、仮想分散スイッチ (VDS) と VMware NSX for vSphere (NSX) のどちらを使用するかに応じて異なります。

VMware Integrated OpenStack のコア コンポーネント

コンポーネント

仮想マシン

CPU

RAM (GB)

ディスク領域 (GB)

Integrated OpenStack Manager

1

2(仮想マシンあたり 2)

4(仮想マシンあたり 4)

25

ロード バランシング サービス

2

4(仮想マシンあたり 2)

8(仮想マシンあたり 4)

40(仮想マシンあたり 20)

データベース サービス

3

12(仮想マシンあたり 4)

48(仮想マシンあたり 16)

240(仮想マシンあたり 80)

メモリ キャッシュ サービス

2

4(仮想マシンあたり 2)

32(仮想マシンあたり 16)

40(仮想マシンあたり 20)

メッセージ キュー サービス

2

8(仮想マシンあたり 4)

32(仮想マシンあたり 16)

40(仮想マシンあたり 20)

コントローラ

2

16(仮想マシンあたり 8)

32(仮想マシンあたり 16)

160(仮想マシンあたり 80)

Compute サービス (Nova CPU)

1

2(仮想マシンあたり 2)

4(仮想マシンあたり 4)

20(仮想マシンあたり 20)

DHCP サービス(VDS デプロイのみ)

2

8(仮想マシンあたり 4)

32(仮想マシンあたり 16)

40(仮想マシンあたり 20)

合計

15

56

192

605

VMware Integrated OpenStack のコンパクト モードの要件

VMware Integrated OpenStack 3.0 は、最小限のハードウェアを使用して実行されるコンパクト モードと呼ばれる新しいデプロイ モードをサポートしています。コンパクト モードで実行するためのハードウェア要件の詳細については、『VMware Integrated OpenStack インストールおよび構成ガイド』を参照してください。

NSX のコンポーネント

VMware Integrated OpenStack を使用してデプロイされている場合は、NSX 用に、CPU、RAM、およびディスク領域を追加する必要があります。

コンポーネント

仮想マシン

CPU

RAM

ディスク領域

NSX コントローラ

3

12(仮想マシンあたり 4)

12 GB(仮想マシンあたり 4)

60 GB(仮想マシンあたり 20)

NSX Manager

1

4(仮想マシンあたり 4)

12 GB(仮想マシンあたり 12)

60 GB(仮想マシンあたり 60)

NSX Edge(以下の注を参照)

不定:オンデマンドで作成。

Edge DHCP 仮想マシンあたり 1、

Edge ルータ仮想マシンあたり 2

Edge DHCP 仮想マシンあたり 512 MB、

Edge ルータ仮想マシンあたり 1

Edge DHCP 仮想マシンあたり 512 MB、

Edge ルータ仮想マシンあたり 1

合計

4 および Edge の要件を満たす値

16 および Edge の要件を満たす値

24 GB および Edge の要件を満たす値

120 GB および Edge の要件を満たす値

論理サブネットまたは論理ルータを作成すると、既存の Edge ノードで処理できない場合には、この要求を処理するために新しい Edge 仮想マシンが動的に作成されます。