リーフ/スパイン データセンター アーキテクチャでは、OpenStack コンピューティング クラスタから VLAN 上の仮想マシンにアクセスできません。 この技術的な制限を克服するには、VXLAN ネットワークと L2 VXLAN/VLAN ブリッジを作成します。

始める前に

VDS ポート グループが VXLAN ネットワーク構成で使用できることを確認します。

手順

  1. SSH を使用して VMware Integrated OpenStack Manager に管理者としてログインします。
  2. SSH を使用して、controller01 ノードにログインします。
  3. Neutron に論理的な L2 ゲートウェイを作成します。
    • バージョンが VMware Integrated OpenStack 3.0 以前の場合、neutron-l2gw l2-gateway-create コマンドを使用します。

    neutron-l2gw l2-gateway-create <gateway-name> \
    --device name=<device-name1>,interface_names="<interface-name1>[|<seg-id1>]"
    • バージョンが VMware Integrated OpenStack 3.1 以降の場合、l2-gateway-create コマンドを使用します。

    l2-gateway-create <gateway-name> \
    --device name=<device-name1>,interface_names="<interface-name1>[|<seg-id1>]"

    オプション

    説明

    <gateway-name>

    新しいゲートウェイの名前を指定します。

    <device-name1>

    デバイス名を指定します。 これはダミーの名前です。NSX プラグインで専用 DLR が作成されます。

    <interface-name1>

    インターフェイス名として分散ポート グループの MOB ID を指定します。

    <seg-id1>

    分散ポート グループのセグメント ID を指定します。

    バックアップ エッジ プールから、NSX によって L2 bridging-{gateway-id} という専用 DLR が作成されます。

  4. Neutron に論理的な L2 ゲートウェイ接続を作成します。
    • バージョンが VMware Integrated OpenStack 3.0 以前の場合、neutron-l2gw l2-gateway-connection-create コマンドを使用します。

    neutron-l2gw l2-gateway-connection-create <gateway-name/uuid> <network-name/uuid> \
    [--default-segmentation-id=<seg-id>]
    • バージョンが VMware Integrated OpenStack 3.1 以降の場合、l2-gateway-connection-create コマンドを使用します。

    l2-gateway-connection-create <gateway-name/uuid> <network-name/uuid> \
    [--default-segmentation-id=<seg-id>]

    オプション

    説明

    <gateway-name/uuid>

    既存のゲートウェイの名前を指定します。

    <network-name/uuid>

    ネットワーク名を指定します。 これはダミーの名前です。NSX プラグインで専用 DLR が作成されます。

    <default-segmentation-id=seg-id1>

    デフォルトの分散ポート グループのセグメント ID を指定します。

    この操作を行うと、OpenStack ネットワークにプロバイダ VLAN ネットワークが接続されます。