インスタンスを作成するために使用されるフレーバーのメタデータを修正することによって、CPU、RAM、ディスク IOPS および仮想ネットワーク インターフェイス (VIF) の制限、予約、シェアなどの QoS リソース割り当てを制御することができます。フレーバーを使用して作成される後続のインスタンスはすべてメタデータ設定を継承します。

始める前に

  • VMware Integrated OpenStack バージョン 2.0.x 以降が必要です。

  • vSphere バージョン 6.0 以降が必要です。

  • VMware Integrated OpenStackvSphere で実行していることを確認します。

  • クラウド管理者としてVMware Integrated OpenStack ダッシュボードにログインしていることを確認します。

このタスクについて

QoS リソースの割り当てはイメージ メタデータによって指定することもできます。競合が発生した場合は、イメージ メタデータ構成がフレーバー メタデータ構成よりも優先されます。イメージ メタデータを使用したインスタンスの QoS リソース割り当ての構成を参照してください。

手順

  1. VMware Integrated OpenStack ダッシュボードにクラウド管理者としてログインします。
  2. タイトル バーのドロップダウン メニューから管理プロジェクトを選択します。
  3. 管理 > システム > フレーバー を選択します。
  4. (オプション) : QoS リソース割り当てのセットに固有のフレーバーを作成します。

    特定の構成を含むようにカスタム フレーバーを作成する必要があります。もとのフレーバー構成は変更されず、他の用途に使用することができます。

  5. 変更するフレーバーを選択します。
  6. イメージ リストの [アクション] 列で、下矢印をクリックして メタデータの更新 を選択します。
  7. [利用可能なメタデータ] の列で、VMware クォータ タブを展開します。
    注:

    [VMware クォータ] タブが存在しない場合、関連するメタデータ プロパティはすでに構成されている可能性があります。

  8. 追加したい VMware クォータ メタデータ プロパティの隣のプラス記号 (+) をクリックします。
    ヒント:

    [VMware クォータ] タブのプラス記号 (+) をクリックすると、すべてのオプションを同時に追加することができます。

    [既存のメタデータ]の列に、新規追加されたメタデータ プロパティが表示されます。

  9. メタデータ プロパティを構成します。

    メタデータ プロパティ

    説明

    クォータ:CPU 制限

    quota:cpu_limit メタデータ プロパティを適用します。

    CPU 割り当ての上限 (MHz) を指定します。このパラメータは、インスタンスが定義された割り当て量を超えて CPU を使用しないようにします。

    CPU の割り当てを制限しない場合は 0 を入力します。

    クォータ:CPU 予約

    quota:cpu_reservation メタデータ プロパティを適用します。

    保証された最小の CPU 予約 (MHz) を指定します。このパラメータは、リソースが競合したときにインスタンスが予約した量の CPU サイクルを利用できるようにします。

    クォータ:CPU 共有レベル

    quota:cpu_shares_level メタデータ プロパティを適用します。

    事前定義された共有の数値にマップする共有レベルを指定します。custom レベルが選択されている場合は、quota:cpu_shares_value メタデータ プロパティを含める必要があります。下記の「クォータ:CPU 共有値」を参照してください。

    クォータ:CPU 共有値

    quota:cpu_shares_value メタデータ プロパティを適用します。

    インスタンスに割り当てられた共有の数を指定します。

    このプロパティは、quota:cpu_shares_level メタデータ プロパティを custom に設定する場合のみ適用します。そうでなければこのプロパティは無視されます。

    クォータ:ディスク IO 制限

    quota:disk_io_limit メタデータ プロパティを適用します。

    IOPS(1 秒当たりの I/O オペレーション)のディスク トランザクションの上限(秒)を指定します。このパラメータは、インスタンスが定義された量を超えてディスク IOPS を使用しないようにします。また、インスタンスのディスク パフォーマンスを強制的に制限するために使用することができます。

    IOPS を制限しない場合は 0 を入力します。

    クォータ:ディスク IO 予約

    quota:disk_io_reservation メタデータ プロパティを適用します。

    IOPS(1 秒当たりの I/O オペレーション)で保証される最小ディスク トランザクション(秒)を指定します。このパラメータは、リソースが競合したときにインスタンスが予約した量のディスク IOPS を受け取ることができるようにします。

    クォータ:ディスク IO 共有レベル

    quota:disk_io_shares_level メタデータ プロパティを適用します。

    事前定義された共有の数値にマップする共有レベルを指定します。custom レベルが選択されている場合は、quota:disk_io_shares_share メタデータ プロパティを含める必要があります(クォータ:ディスク IO 共有値)。

    クォータ:ディスク IO 共有値

    quota:disk_io_shares_share メタデータ プロパティを適用します。

    インスタンスに割り当てられた共有の数を指定します。

    このプロパティは、quota:disk_io_shares_level メタデータ プロパティを custom に設定する場合のみ適用します。そうでなければこのプロパティは無視されます。

    クォータ:メモリ制限

    quota:memory_limit メタデータ プロパティを適用します。

    メモリ割り当ての上限 (MB) を指定します。このパラメータは、インスタンスが定義された割り当て量を超えてメモリを使用しないようにします。

    メモリの割り当てを制限しない場合は 0 を入力します。

    クォータ:メモリ予約

    quota:memory_reservation メタデータ プロパティを適用します。

    保証された最小のメモリ予約 (MB) を指定します。このパラメータは、リソースが競合したときにインスタンスが予約した量のメモリを受け取ることができるようにします。

    クォータ:メモリ共有レベル

    quota:memory_shares_level メタデータ プロパティを適用します。

    事前定義された共有の数値にマップする共有レベルを指定します。custom レベルが選択されている場合は、quota:memory_shares_share メタデータ プロパティを含める必要があります(クォータ:メモリ共有値)。

    クォータ:メモリ共有値

    quota:memory_shares_share メタデータ プロパティを適用します。

    インスタンスに割り当てられた共有の数を指定します。

    このプロパティは、quota:memory_shares_level メタデータ プロパティを custom に設定する場合のみ適用します。そうでなければこのプロパティは無視されます。

    クォータ:VIF 制限

    quota:vif_limit メタデータ プロパティを適用します。

    VIF 帯域幅の上限 (Mbps) を指定します。このパラメータは、VIF が定義された割り当て量を超えて帯域幅を使用しないようにします。

    帯域幅の割り当てを制限しない場合は 0 を入力します。

    クォータ:VIF 予約

    quota:vif_reservation メタデータ プロパティを適用します。

    VIF の保証された最小帯域幅 (Mbps) を指定します。このパラメータは、リソースが競合したときにインスタンスの仮想アダプタが予約した量の帯域幅を取得できるようにします。インスタンスの使用する量が予約した量よりも少ない場合は、別の仮想アダプタが残りの量を使用することができます。

    クォータ:VIF 共有レベル

    quota:vif_shares_level メタデータ プロパティを適用します。

    事前定義された共有の数値にマップする共有レベルを指定します。custom レベルが選択されている場合は、quota:vif_shares_share メタデータ プロパティを含める必要があります(クォータ:VIF 共有値)。

    クォータ:VIF 共有値

    quota:vif_shares_share メタデータ プロパティを適用します。

    ‘custom’ が使用される場合、これは共有の数です。

  10. 保存 をクリックします。

タスクの結果

これで、フレーバー メタデータは CPU、IOPS、メモリ、ネットワーク帯域幅の制限、予約、および共有のために構成されました。この構成は、このフレーバーから作成される将来のすべての OpenStack インスタンスに適用されます。