指定のデータストアからすべてのボリュームを迅速に退避し、同じデータストア クラスタの他のデータストアに自動的に移行することができます。

始める前に

  • 指定のデータストアがデータストア クラスタの一部であることを確認します。

  • Storage DRS がデータストア クラスタの Not Automation (Manual Mode) で有効であることを確認します。

  • ボリュームにスナップショットが接続されていないことを確認します。接続されている場合は、接続解除する必要があります

手順

  1. SSH を使用して VMware Integrated OpenStack Manager にログインします。
  2. root ユーザーに切り替えます。
    sudo su -
  3. ボリューム移行の準備をします。

    この手順では、指定のデータストア上のすべてのボリュームを移行する準備を行います。

    viocli ds-migrate-prep [-d DEPLOYMENT] DC_NAME DS_NAME

    オプション

    説明

    -d DEPLOYMENT

    VMware Integrated OpenStack デプロイの名前を指定します。

    DC_NAME

    データセンター名を指定します。

    DS_NAME

    データストア名を指定します。

  4. データストアをメンテナンス モードにします。

    vSphere の製品ドキュメントを参照してください。

タスクの結果

データストアをメンテナンス モードにすると、データストアが退避し、ボリュームは自動的に同じデータストア クラスタの他のデータストアに移行します。