クラウド ユーザーには、クラウド管理者に関連する限定的な権限セットがあります。クラウド ユーザーは、割り当てられているテナントに限定されます。OpenStack では、テナントはプロジェクトと呼ばれます。クラウド ユーザーは、インスタンスの作成および管理、ボリュームの作成および管理、ネットワークの作成、新しいイメージの作成を行うことができます。

始める前に

  • クラウド管理者としてVMware Integrated OpenStack ダッシュボードにログインしていることを確認します。

  • 構成された OpenStack プロジェクトが使用可能であることを確認します。OpenStack プロジェクトの作成を参照してください。

VMware Integrated OpenStack は、Keystone 複数ドメイン バックエンドをサポートするようになりました。

  • ドメインごとに個別のバックエンドを配置できます。

  • ローカル ドメインに、サービス ユーザー、vioservice ユーザー、および管理者ユーザーが含まれるようになりました。このドメインは、SQL によってサポートされています。デフォルト ドメインには、標準ユーザー(SQL を使用している場合)または LDAP ユーザー(Active Directory が構成されている場合)が格納されます。便宜上、デフォルト ドメインでも管理者ユーザーを利用できます。

  • CLI では、デフォルトを使用していない場合は、Horizon のドメイン コンテキストに加えて、ドメインも指定する必要があります。OpenStack のコマンド ラインでは、常にデフォルトでデフォルト ドメインが使用されます。

  • ユーザーがダッシュボードにログインするときにドメイン名の入力を求められるようになりました。正常にログインするには、ドメイン名に「default」を入力する必要があります。

手順

  1. VMware Integrated OpenStack ダッシュボードで、タイトル バーのドロップダウン メニューから管理プロジェクトを選択します。
  2. 管理 > ID パネル > ユーザー を選択します。
  3. ユーザーの作成 をクリックします。

    [ユーザーの作成] ダイアログが表示されます。

  4. ドメイン ID フィールドがデフォルトに設定され、ドメイン名が デフォルトに設定されていることを確認します。

    ユーザーは、VMware Integrated OpenStack ダッシュボードに正常にログインするために正しいドメイン名を入力する必要があります。

  5. ユーザー設定を構成します。

    オプション

    説明

    ユーザー名

    クラウド ユーザーの名前。

    電子メール

    新しいユーザーの有効な電子メール アドレス。

    パスワード/パスワードの確認

    新しいユーザーの一時パスワード。

    プライマリ プロジェクト

    ユーザーが割り当てられているプロジェクト。ユーザー アカウントを作成するには、ユーザー アカウントを少なくとも 1 つのプロジェクトに割り当てる必要があります。

    ロール

    ユーザーが割り当てられているロール。ロールは権限のセットです。ロールに割り当てられているユーザーは、そのロールの権限を継承します。

    有効にする

    ユーザーを有効にするには、有効化 チェック ボックスを選択します。後でユーザーを有効にする場合は、有効化 チェック ボックスの選択を解除したままにします。

  6. パネルの下部にある ユーザーの作成 をクリックします。

タスクの結果

VMware Integrated OpenStack ダッシュボードでユーザーに ID が割り当てられ、[ユーザー] ページにユーザーが表示されます。