viocli deployment コマンドを使用して、VMware Integrated OpenStack デプロイを管理します。

viocli deployment コマンドは次の構文を使用します。

viocli deployment ACTION [-d NAME] [-p] [-h] [-v]

パラメータ

必須か任意か

説明

ACTION

次のいずれかの位置引数を使用します。

  • start

  • stop

  • pause

  • resume

  • configure

  • cert-req-create

  • cert-update

  • getlogs

  • status

必須

start

デプロイを開始します。

stop

デプロイを停止します。

pause

デプロイを一時停止します。

resume

一時停止されたデプロイを再開します。

configure

デプロイ全体を再構成します。

cert-req-create

認証局の証明書署名要求を作成します。

cert-update

指定された証明書で VMware Integrated OpenStack を更新します。

getlogs

ansible 実行コマンドと出力結果など、現在のデプロイに関するログ ファイルを生成します。ログ ファイルは /var/log/viocli/viocli.log に書き込まれ、100 MB に達するとローテーションされます。最大 7 回までローテーションされます。

status

次の潜在的な問題に関するレポートを生成します。

  • 管理サーバと OpenStack ノード間の同期の問題。発生時間、影響を受けたノード、失敗ステータスとなった理由が含まれます。

  • OpenStack プロセスへの接続と平均接続数。

  • 切断されたネットワーク接続。発生時間、接続に失敗したホスト名とポート、または単一ホスト(該当する場合)が含まれます。

  • OpenStack データベースの問題。発生時間、失敗または成功ステータス、失敗した理由(該当する場合)、およびデータベース クラスタの現在のサイズが含まれます。

  • プロセスの欠落。発生時間、問題が発生したノード、ステータス、および失敗した理由(該当する場合)が含まれます。

-d, --deployment NAME

自動

使用するデプロイの名前。

自動的に適用されます。 デフォルト値は現在のデプロイの名前です。

-p, --progress

任意

現在のアップグレード操作の進行状況を表示します。

-h, --help

任意

このコマンドの使用方法と引数を表示します。

-v, --verbose

任意

詳細モードに切り替えます。