viocli restore コマンドを使用して、viocli backup コマンドで以前に作成したバックアップ ファイルからデプロイをリストアします。 管理サーバ データまたは OpenStack データベースのバックアップをリストアできます。

viocli restore コマンドは次の構文を使用します。

viocli restore mgmt_server [-d [NAME]] <DIR_NAME | NFS_VOLUME> [-h] [-v]
viocli restore openstack_db [-d [NAME]] <DIR_NAME | NFS_VOLUME> [-h] [-v]

パラメータ

必須か任意か

説明

-d, --deployment NAME

自動

使用するデプロイの名前。

自動的に適用されます。 デフォルト値は現在のデプロイの名前です。

次のいずれかの位置引数を使用します。

  • DIR_NAME

  • NFS_VOLUME

必須

DIR_NAME

バックアップ ファイルを含む NFS ディレクトリの名前。

NFS_VOLUME

remote_host:remote_dir 形式のターゲット NFS ボリュームの名前または IP アドレスとディレクトリ。 例:192.168.1.77:/backups。

-h, --help

任意

このコマンドの使用方法と引数を表示します。

-v, --verbose

任意

詳細モードに切り替えます。

VMware Integrated OpenStack 管理サーバのバックアップ ファイルは、タイムスタンプ vio_ms_yyyymmddhhmmss のラベルが付けられます。 VMware Integrated OpenStack データベースのバックアップ ファイルは、タイムスタンプ vio_os_db_yyyymmddhhmmss のラベルが付けられます。