ブロック ストレージの Upload-to-Image 機能のデフォルトの動作では、保存済みの Cinder ボリュームから Glance イメージが作成され、仮想マシン テンプレートとして編成されます。この動作を変更して、イメージを streamOptimized VMDK ディスクとして保存することができます。

このタスクについて

VMware Integrated OpenStack 3.0 または 3.1 より前のデフォルトの動作では、Glance イメージは streamOptimized VMDK ディスクとして保存されていました。この手順を使用すると、3.0 または 3.1 より前のデフォルトに戻すことができます。

手順

  1. custom.yml ファイルを実装します。
    sudo mkdir -p /opt/vmware/vio/custom
         sudo cp /var/lib/vio/ansible/custom/custom.yml.sample 
         /opt/vmware/vio/custom/custom.yml
  2. テキスト エディタで /opt/vmware/vio/custom/custom.yml ファイルを開きます。
    1. cinder_image_format パラメータをコメント解除します。
    2. 設定を streamOptimized に変更します。
      ##############################
      # Glance Template Store
      # options that affect the use of glance template store
      ##############################
      #glance_default_store: vi
      #nova_snapshot_format: template
      cinder_image_format: streamOptimized
  3. custom.yml ファイルを保存します。
  4. 新しい構成を VMware Integrated OpenStack デプロイにプッシュします。
    viocli deployment configure
    注:

    構成をプッシュすると、OpenStack サービスが一時的に中断されます。