インスタンスの作成に使用するフレーバーとイメージのメタデータ パラメータを変更すると、Single Root I/O Virtualization (SR-IOV) 仕様を使用するインスタンスを作成できます。SR-IOV は、単一のルート ポートにある単一の PCIe(Peripheral Component Interconnect Express) 物理デバイスを、複数の別個の物理デバイスとして認識されるようにする仕様です。

始める前に

  • デプロイが VDS ベースであることを確認します。SR-IOV は NSX では動作しません。

  • VMware Integrated OpenStack バージョン 2.0.x 以降が必要です。

  • vSphere バージョン 6.0 以降が必要です。

このタスクについて

SR-IOV の要件とサポートされている機能の詳細については、vSphere Web Client ドキュメントを参照してください。

次の表で、SR-IOV の主なコンポーネントとその役割について説明します。

表 1. VMware Integrated OpenStack コンテキストの SR-IOV コンポーネント

コンポーネント

ロール

Nova コンピューティング

  • SR-IOV デバイスのリストを収集し、PCI デバイス仕様のリストを更新します。

  • デバイス仕様にホスト オブジェクト ID を組み込みます。

Nova PCI マネージャ

  • アドレス、ベンダー ID、製品 ID、およびホスト ID を持つデバイス プールを作成および維持します。

  • PCI 要求に基づいて、インスタンスに対して PCI デバイスの割り当てと割り当て解除を行います。

Nova スケジューラ

  • PCI 要求に一致するホストでインスタンスの配置をスケジュール設定します。

vSphere

  • NIC とホストが SR-IOV に対して有効な専用コンピューティング クラスタでホストを管理します。

    DRS ルールは SR-IOV に対して有効なデバイス上で機能しないため、個別のコンピューティング クラスタをお勧めします。