VMware Integrated OpenStack デプロイに既存の仮想マシンのテンプレートを Glance イメージとして追加することができます。これによりユーザーは、インスタンスを起動したり、起動可能なブロック ストレージ ボリュームや Glance イメージで利用できるその他の機能を作成したりできます。

始める前に

  • 既存の仮想マシン テンプレートが、VMware Integrated OpenStack デプロイと同じ vCenter に配置されていることを確認します。

  • 次の条件が該当することを確認します。

    • 仮想マシン テンプレートに複数のディスクがない。

    • 仮想マシン テンプレートに CD-ROM ドライブがない。

    • 仮想マシン テンプレートにフロッピー ディスク ドライブがない。

手順

  1. 仮想マシン テンプレートを作成します。

    必要に応じてメタデータ設定を構成します。

    • vmware_ostype は Windows イメージの場合は必須ですが、Linux イメージの場合はオプションです。

    • NIC タイプの指定には hw_vif_model が推奨されます。 この設定を定義する前に、このイメージ テンプレートのための正しい NIC タイプを確認してください。たとえば、この設定が未定義の場合、インスタンスにはデフォルトで E1000 NIC がプロビジョニングされます。別の NIC をプロビジョニングする場合は、この設定を適切に定義します。

      たとえば、VMXNET3 NIC をプロビジョニングする場合、メタデータ定義は hw_vif_model=VirtualVmxnet3 となります。

    • 次のメタデータ設定は必須ではありません。

      • vmware_adaptertype

      • vmware_disktype

  2. OpenStack 管理クラスタにログインします。
  3. glance コマンドを実行して、イメージを取得、定義、およびインポートします。
    glance image-create --name <NAME> \
           --disk-format vmdk --container-format bare
           --property vmware_ostype=ubuntu64Guest
    							--property hw_vif_model=VirtualVmxnet3
    
    glance location-add <glance_image_UUID> --url "vi://<vcenter-host>/<datacenter-path>/vm/<sub-folders>/<template_name>" 

    location-add コマンドは、仮想マシン テンプレートのインベントリ パスを指します。仮想マシンまたはホストのいずれかを参照できます。例:

    "vi://<datacenter-path>/vm/<template_name>” 
    or 
    "vi://<datacenter-path>/host/<host_name>/<template_name>"

    インベントリ パス中のキーワード vm および host は、vSphere Web Client 中の 仮想マシンおよびテンプレートのビューホストおよびクラスタのビュー の階層を表します。