クラウド管理者権限がある場合、ユーザーのブロック ストレージ ボリュームおよびボリューム タイプを管理できます。ボリューム タイプを作成したら、CLI コマンドを使用して、既存の vCenter ストレージベース ポリシーに関連付けます。ストレージ ポリシーでは、使用するボリューム タイプの 1 つ以上のデータストアを定義します。

始める前に

  • ボリューム タイプに関連付けるストレージ ポリシーが存在していることを確認します。vSphere 製品のドキュメントを参照してください。

  • ストレージ ポリシーの名前を確認します。この値は、CLI コマンドを実行して、ボリューム タイプをストレージ ポリシーに関連付けるときに必要になります。

手順

  1. VMware Integrated OpenStack ダッシュボードにログインします。
  2. タイトル バーのドロップダウン メニューからプロジェクトを選択します。
  3. システム パネル > ボリューム の順に選択します。

    [ボリューム] ページには、現在のユーザーが使用できる構成済みのボリュームがリストされます。

  4. ボリューム タイプ タブをクリックします。
  5. ボリューム タイプの作成 をクリックします。
  6. ボリューム タイプの名前を入力します。
  7. ボリューム タイプの説明を入力し、ボリューム タイプの作成 をクリックします。
  8. ボリューム タイプをストレージ ポリシーに関連付けます。
    1. VMware Integrated OpenStack のいずれかのコントローラにログインします。
    2. cinder コマンドを実行して、ボリューム タイプをストレージ ポリシーに関連付けます。
      cinder type-key name-of-volume-type set vmware:storage_profile=name-of-storage-profile

      この例では、以下のパラメータと設定を使用します。

      パラメータまたは設定

      説明

      name-of-volume-type

      ボリューム タイプの作成時に定義したボリューム タイプの名前。

      vmware:storage_profile=name-of-storage-profile

      vSphere で定義された名前でストレージ ポリシーを割り当てます。

  9. (オプション) : デフォルトのアダプタ タイプをオーバーライドする場合、ボリューム タイプに別のアダプタ タイプを関連付けます。
    cinder type-key name-of-volume-type set vmware:adapter_type=name-of-adapter-type

    アダプタ タイプとして、次のいずれかの値を選択できます。

    説明

    lsiLogic

    アダプタ タイプを LSI Logic に設定します。

    busLogic

    アダプタ タイプを Bus Logic に設定します。

    lsiLogicsas

    アダプタ タイプを LSI Logic SAS に設定します。

    paraVirtual

    アダプタ タイプを VMware 準仮想化 SCSI に設定します。

    ide

    アダプタ タイプを IDE に設定します。