viocli ds-migrate-prep コマンドを使用して、メンテナンス用のデータストアを準備します。 viocli ds-migrate-prep コマンドは、VMware Integrated OpenStack デプロイで指定したデータストアに無効な参照が含まれないようにする場合に役立ちます。

viocli ds-migrate-prep コマンドは次の構文を使用します。

viocli ds-migrate-prep [-d NAME] DC_NAME DS_NAME [-h] [-v] 

パラメータ

必須か任意か

説明

-d, --deployment NAME

自動

使用するデプロイの名前。

自動的に適用されます。 デフォルト値は現在のデプロイの名前です。

DC_NAME

必須

データセンターの名前を指定します。

DS_NAME

必須

データストアの名前を指定します。

-h, --help

任意

このコマンドの使用方法と引数を表示します。

-v, --verbose

任意

詳細モードに切り替えます。