すでに VMware Integrated OpenStack がインストールされている場合、custom.yml ファイルを変更し、実行中の各 Edge ノードを手動で変更して NSX Edge ノードの高可用性を有効にできます。

始める前に

Edge クラスタに 2 つ以上のホストが設定されていることを確認します。設定されていない場合は、非アフィニティ エラーを受信する場合があります。

手順

  1. custom.yml ファイルを実装します。
    sudo mkdir -p /opt/vmware/vio/custom
    sudo cp /var/lib/vio/ansible/custom/custom.yml.sample /opt/vmware/vio/custom/custom.yml
  2. /opt/vmware/vio/custom/custom.yml ファイルを編集します。
    1. nsxv_edge_ha パラメータをコメント解除します。
    2. nsxv_edge_ha パラメータを True に設定します。
      nsxv_edge_ha: True
  3. custom.yml ファイルを保存します。

    custom.yml ファイルを変更して保存すると、後で VMware Integrated OpenStack で生成されたすべての NSX Edge ノードの高可用性が有効になります。

  4. 現在のすべての NSX Edge ノードで高可用性を手動で有効にします。
    1. VMware Integrated OpenStack コントローラで、現在のすべての Edge ノードのリストとそれらの edge-id 値を取得します。
      sudo -u neutron nsxadmin -r edges -o list
    2. edge-id 値を指定して、各 Edge ノードで高可用性を有効にします。
      sudo -u neutron nsxadmin -r edges -o nsx-update \
      --property highAvailability=True \
      --property edge-id=<edge-id>
    3. Edge ノードごとに上記のコマンドを繰り返します。
  5. 新しい構成を VMware Integrated OpenStack デプロイにプッシュします。
    viocli deployment -v configure
    重要:

    このコマンドを実行すると、デプロイ全体が更新され、操作が一時的に中断されることがあります。