手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。
  2. 構成 タブで、ネットワーク を展開し、物理アダプタ を選択します。

    SR-IOV プロパティを確認すれば、物理アダプタで SR-IOV がサポートされているかどうかがわかります。

  3. 物理アダプタを選択し、アダプタ設定の編集 をクリックします。
  4. [SR-IOV] で、ステータス ドロップダウン メニューから 有効 を選択します。
  5. 仮想機能数 テキスト ボックスに、アダプタに構成する仮想機能数を入力します。
  6. [OK] をクリックします。
  7. ホストを再起動します。

タスクの結果

DRS ルールは SR-IOV が有効なデバイスで機能しないため、SR-IOV が有効なホストおよびアダプタ (vmnic) に専用コンピューティング クラスタを作成します。

物理アダプタ エントリで表される NIC ポートで仮想機能がアクティブになります。これらは、ホストの 設定 タブの [PCI デバイス] リストに表示されます。

esxcli network sriovnic vCLI コマンドを使用して、ホストの仮想機能の構成を調べることができます。

次のタスク

これで、VMware Integrated OpenStack ダッシュボードでフレーバーとイメージのメタデータを構成できます。