プロジェクトは、テナントやアカウントに相当します。これらは、ユーザーを割り当てることができるクラウドの組織単位として機能します。

始める前に

クラウド管理者としてVMware Integrated OpenStack ダッシュボードにログインしていることを確認します。

手順

  1. タイトル バーのドロップダウン メニューから管理プロジェクトを選択します。
  2. 管理 > ID > プロジェクト の順に選択します。
  3. プロジェクトの作成 をクリックします。
  4. プロジェクト情報 タブをクリックし、プロジェクト設定を構成します。

    設定

    説明

    名前

    プロジェクト名。

    説明

    新しいプロジェクトの説明(任意)。

    有効

    新しいプロジェクトはデフォルトで有効になります。プロジェクトを無効にすると、クラウド ユーザーがプロジェクトにアクセスできなくなったり、プロジェクトの起動インスタンスを管理できなくなったり、ユーザーがそのプロジェクトにしか割り当てられていない場合はログインできなくなったりします。

  5. (オプション) : プロジェクト メンバー タブで既存のクラウド ユーザーを選択して、メンバーをプロジェクトに追加します。
  6. (オプション) : プロジェクト グループ タブで既存のクラウド ユーザー グループを選択して、メンバー グループをプロジェクトに追加します。
  7. 割り当て容量 タブで、割り当て容量設定を受け入れるか変更します。

    割り当て容量は、特定のプロジェクトで使用できるシステム リソース量を管理するために構成できる操作上の制限です。たとえば、各テナントで使用できるギガバイト数を制御することで、クラウド リソースを最適化できます。割り当て容量は、プロジェクト レベルとユーザー レベルの両方で適用できます。

  8. パネルの下部にある プロジェクトの作成 をクリックします。

タスクの結果

VMware Integrated OpenStack ダッシュボードで新しいプロジェクトに ID が割り当てられ、[プロジェクト] ページにプロジェクトがリストされます。