viocli inventory-admin コマンドを使用して、計算およびブロック ストレージ インベントリを vSphere インベントリと比較し、実体なしのオブジェクトを検出して削除します。 実体なしのインスタンスとは、OpenStack と vSphere で対応する仮想マシンが存在しないインスタンスのことです。

viocli inventory-admin コマンドは、内部インベントリから vCenter および OpenStack 認証情報を収集します。このコマンドでは、OpenStack 管理者パスワードを入力する必要があります。毎回パスワードを入力する手間を省くには、OS_PASSWORD 環境変数を設定します。

viocli inventory-admin コマンドは次の構文を使用します。

viocli inventory-admin SHOW_ACTION [-d NAME] [--json] \
       [--pretty] [--all] [--no-grace-period] \
       [--force] [-h] [-v]
viocli inventory-admin CLEAN_ACTION [-d NAME] [--json] \
       [--pretty] [--all] [--no-grace-period] \
       [--force] [-h] [-v]

パラメータ

必須か任意か

説明

SHOW_ACTION

次のいずれかの位置引数を使用します。

  • show-instances

  • show-instance-vms

  • show-shadow-vms

必須

show-instances

実体なしの OpenStack インスタンスを表示します。

show-instance-vms

実体なしの vSphere インスタンスを表示します。

show-shadow-vms

実体なしのボリューム シャドウ仮想マシンを表示します。 これらは、OpenStack データベース内に対応するブロック ストレージ ボリュームが存在しないボリューム仮想マシンです。

CLEAN_ACTION

次のいずれかの位置引数を使用します。

  • clean-instances

  • clean-instance-vms

  • clean-shadow-vms

必須

clean-instances

実体なしの OpenStack インスタンスを削除します。

clean-instance-vms

実体なしの vSphere インスタンスを削除します。

clean-shadow-vms

実体なしのボリューム シャドウ仮想マシンを削除します。 これらは、OpenStack データベース内に対応するブロック ストレージ ボリュームが存在しないボリューム仮想マシンです。

-d, --deployment NAME

自動

使用するデプロイの名前。

自動的に適用されます。 デフォルト値は現在のデプロイの名前です。

--json

任意

JSON 形式で出力を返します。 これは、このコマンドが非対話形式で使用される場合のデフォルト形式です。

--pretty

任意

人間が解読可能な形式で出力を返します。これは、このコマンドが対話形式で使用される場合のデフォルト形式です。

--all

任意

すべてのオブジェクトを表示します。 デフォルトでは、実体なしのオブジェクトのみが表示されます。

--no-grace-period

任意

デフォルトの猶予期間設定を無効にします。

猶予期間が設定されていない場合、過去 30 分に作成または変更されたすべてのオブジェクトがコマンドで無視されます。

-f, --force

任意

確認を要求せずに操作を実行します。

-h, --help

任意

このコマンドの使用方法と引数を表示します。

-v, --verbose

任意

詳細モードに切り替えます。