OpenStack インスタンスが正しいボリューム タイプを使用するボリュームから確実に起動されるように、PBM ポリシーと呼ばれるポリシーベースの管理設定を作成および適用できます。

このタスクについて

custom.yml ファイルでストレージ ポリシーを有効にした後に、OpenStack フレーバーのメタデータを変更してポリシーを適用します。 そのフレーバーを使用して作成されたすべてのインスタンスは、ストレージ ポリシー構成を継承します。

手順

  1. custom.yml ファイルを実装します。
    sudo mkdir -p /opt/vmware/vio/custom
    sudo cp /var/lib/vio/ansible/custom/custom.yml.sample /opt/vmware/vio/custom/custom.yml
  2. /Opt/vmware/vio/custom/custom.yml ファイルを編集して PBM オプションをコメント解除します。
    ##############################
    # PBM options
    ##############################
    
    # (string) The PBM default policy to use when no policy is associated with a flavor (Mandatory) if nova_pbm_enabled is set to True.
    nova_pbm_default_policy: nova
    
    # (boolean) The PBM status. Set this to True to enable storage policies for nova flavors.
    nova_pbm_enabled: False
  3. nova_pbm_enabled パラメータを True に設定します。
    nova_pbm_enabled: True
  4. custom.yml ファイルを保存します。
  5. ポリシーをメタデータとして OpenStack フレーバーに適用します。
    1. VMware Integrated OpenStack ダッシュボードにクラウド管理者としてログインします。
    2. タイトル バーのドロップダウン メニューから管理プロジェクトを選択します。
    3. 管理 > システム > フレーバー を選択します。
    4. (オプション) : このメタデータ プロパティの用途に固有のフレーバーを作成します。

      特定の構成を含むようにカスタム フレーバーを作成します。 この操作では元のフレーバー構成は変更されず、他のインスタンス作成に使用することができます。

    5. 変更するフレーバーを選択します。
    6. イメージ リストの [アクション] 列で、下矢印をクリックして メタデータの更新 を選択します。
    7. カスタム フィールドに vmware:storage_policy と入力します。
    8. カスタム フィールドの横にあるプラス記号 (+) をクリックします。

      [既存のメタデータ] の列に、新規追加されたメタデータ プロパティが表示されます。

    9. メタデータ プロパティの値として nova と入力します。
  6. 保存 をクリックします。

タスクの結果

デフォルトの Nova ストレージ ポリシーは、このフレーバーから作成される将来のすべての OpenStack インスタンスに適用されます。