viocli recover コマンドを使用して、1 つのノードまたはノード グループをリカバリします。 ほとんどの OpenStack ノードはステートレスであるため、バックアップなしでリカバリできます。 OpenStack データベース ノードの場合は、バックアップ ファイルが必要です。 NFS パスは必須です。 viocli show コマンドを使用して、デプロイの OpenStack ノードの詳細リストを表示します。

viocli recover コマンドは次の構文を使用します。

viocli recover [-d [NAME]] <-r ROLE1,ROLE2... | -n NODE1,NODE2...> \
               [-dn BACKUP_NAME] [-nfs NFS_VOLUME] [-h] [-v]

パラメータ

必須か任意か

説明

-d, --deployment NAME

自動

リカバリされるノードを含むデプロイの名前。

自動的に適用されます。 デフォルト値は現在のデプロイの名前です。

-r, --role ROLE

NODE が指定されていない場合は必須

指定されたロールに割り当てられているすべてのノードをリカバリします。1 つのコマンドに複数のロールを指定できます。同じコマンドに -n, --nodeを指定すると、そのロールに割り当てられていない追加のノードをリカバリすることもできます。

グループ名は、VMware Integrated OpenStack Manager に表示されるとおりに指定します。 グループ名を表示するには、VMware Integrated OpenStack > OpenStack デプロイ > デプロイ名 を選択します。

有効なロール名は ComputeDriverControllerDBLoadBalancer です。

たとえば、次のコマンドは、指定した NFS バックアップ ファイルから DB ノード グループ内のノードをリカバリします。

viocli recover -r DB -dn vio_os_db_20150830215406 -nfs 10.146.29.123:/backups

-n, --node NODE

ROLE が指定されていない場合は必須

指定したノードをリカバリします。1 つのコマンドに複数のノードを指定できます。

仮想マシン名は、VMware Integrated OpenStack Manager に表示されるとおりに指定します。 名前を表示するには、VMware Integrated OpenStack > OpenStack デプロイ > デプロイ名 を選択します。

たとえば、次のコマンドは、指定した NFS バックアップ ファイルから指定したデータベース ノード(VIO-DB-0、VIO-DB-1、および VIO-DB-2)をリカバリします。

viocli recover –n VIO-DB-0 VIO-DB-1 VIO-DB-2 –dn vio_os_db_20150830215406 -nfs 10.146.29.123:/backups

-dn, --dir-name BACKUP_NAME

OpenStack データベース リカバリの場合は必須

データベースのリストアで使用するバックアップ ファイルのタイム スタンプ ラベルを指定します。

データベース リカバリの場合、次のいずれかの位置引数を使用します。

  • DIR_NAME

  • NFS_VOLUME

OpenStack データベース リカバリの場合は必須

DIR_NAME

データベース バックアップ ファイルを含む NFS ディレクトリの名前。

NFS_VOLUME

データベース バックアップを含む、ターゲット NFS ボリュームの名前または IP アドレスとディレクトリ。

次の形式を使用します。remote_host:remote_dir 例:192.168.1.77:/backups

-h, --help

任意

このコマンドの使用方法と引数を表示します。

-v, --verbose

任意

詳細モードに切り替えます。