オプションの Object Storage コンポーネントは、Integrated OpenStack Manager vApp をデプロイするときにロードされます。デプロイするには、別個の構成が必要です。

始める前に

VMware Integrated OpenStack クラウドを構成および作成します。

このタスクについて

仮想マシン コンソールを使用して、Object Storage コンポーネントを構成およびデプロイします。

手順

  1. Identity Service コンポーネントのコンソールを開きます。
  2. Identity Service コンポーネントによる認証用の管理者ユーザーを作成します。
    1. user-create コマンドを使用して、ユーザーを作成します。
      $ openstack user create \
        --domain local \  
      	 --password password \
        --email administrative_user_email
        swift
    2. 新しく作成したユーザーに管理者権限を付与します。
      $ openstack role add \
        --project service \
        --user swift \
        admin
  3. Object Storage サービスのサービス エントリを作成します。
    $ keystone service-create \
       --name=swift \
       --type=object-store \
       --description="VIO Object Storage"
    +-------------+----------------------------------+
    |    Field    |              Value               |
    +-------------+----------------------------------+
    | description |         VIO Object Storage       |
    |   enabled   |              True                |
    |      id     | eede9296683e4b5ebfa13f5166375ef6 |
    |     name    |             swift                |
    |     type    |           object-store           |
    +-------------+----------------------------------+

    サービス id 値は自動的に生成されます。

  4. Object Storage サービスの API エンド ポイントを作成します。

    コマンドにはコントローラの IP アドレスを使用します。

    openstack endpoint create \
    --region nova \
    object-store \
    public \
    http://controller01_IP_address:8080/v1/AUTH_%\(tenant_id\)s
    openstack endpoint create \
    --region nova \
    object-store \
    internal \
    http://controller01_IP_address:8080/v1/AUTH_%\(tenant_id\)s
    openstack endpoint create \
    --region nova \
    object-store \
    admin \
    http://controller01_IP_address:8080/v1

次のタスク

Object Storage コンポーネントをデプロイした後、必要な構成ファイルを作成します。Object Storage 構成ファイルの作成を参照してください。