VMware Integrated OpenStack のインストールとデプロイを行う前に、必要なクラスタ、ファイアウォール、およびネットワーク リソースを設定して vCenter インスタンスを準備してください。

始める前に

必要な VLAN が構成されていることを確認します。物理 VDS ネットワークを参照してください。

このタスクについて

vCenter Server の操作の詳細については、vSphere ドキュメントを参照してください。

データセンターの操作の詳細については、vSphere ドキュメントを参照してください。

手順

  1. (オプション) : VMware Integrated OpenStack デプロイ専用の vCenter インスタンスを構成します。

    専用 vCenter インスタンスは必須ではありませんが、デプロイが最適化されます。

  2. vCenter Server を作成します。
  3. vCenter でデータセンターを定義します。
  4. 仮想分散スイッチ を作成します。
  5. 管理クラスタを作成します。

    管理クラスタには、Integrated OpenStack deployment をデプロイおよび管理するために使用する VMware Integrated OpenStack 管理操作や Integrated OpenStack Manager が含まれます。

    1. クラスタに名前を付けます。
    2. 少なくとも 3 つのホストを管理クラスタに割り当てます。
    3. Image Service コンポーネントのイメージを保存するために、1 つ以上のデータストアを管理クラスタに接続します。
  6. コンピューティング クラスタを作成します。
    1. クラスタに名前を付けます。
    2. 少なくとも 1 つのホストをコンピューティング クラスタに割り当てます。
    3. 1 つ以上のデータストアを各コンピューティング クラスタに接続します。
  7. 次の設定ですべてのクラスタを構成します。

    オプション

    アクション

    VMware vSphere Distributed Resource Scheduler (DRS)

    有効にします。

    ホストの監視

    有効にします。

    アドミッション コントロール

    ポリシーを有効にして設定します。デフォルト ポリシーでは、1 つのホスト障害に対応します。

    仮想マシン再起動ポリシー

    [高] に設定します。

    仮想マシンの監視

    [仮想マシンおよびアプリケーションの監視] に設定します。

    監視感度

    [高] に設定します。

    vMotion と Fault Tolerance のログ

    有効にします。

    クラスタ内のすべてのホストの BIOS のハードウェア VT

    有効にします。

    管理ネットワーク VMkernel ポートの vMotion と Fault Tolerance のログ

    有効にします。

  8. VDS を作成し、管理およびコンピューティング クラスタ内のすべてのホストをこの VDS に追加します。
  9. VDS管理ポート グループを作成し、管理ネットワークに割り当てられている VLAN ID でタグ付けします。
  10. VDSAPI Access ポート グループを作成し、API Access Network に割り当てられている VLAN ID でタグ付けします。