NSX に基づく VMware Integrated OpenStack デプロイの場合は、API アクセス、管理、転送、および外部ネットワークのそれぞれに、別個の専用 VLAN が必要です。

必要な VLAN を準備するようネットワーク管理者に依頼します。
VLAN 説明
API アクセス ネットワーク
API または VMware Integrated OpenStack ダッシュボードを介して、ユーザーに OpenStack サービスへのアクセスを提供します。
  • 管理クラスタ内のすべてのホストをこの VLAN にトランキングします。
  • 外部からアクセス可能にします。
  • 5 個以上の連続 IP アドレスが必要です。
外部
インスタンスへの外部ユーザー アクセスを提供します。
  • NSX Edge クラスタのすべてのホストをこの VLAN にトランキングします。
管理ネットワーク
管理コンポーネント間のトラフィックを転送します。
  • 管理クラスタ内のすべてのホストをこの VLAN にトランキングします。
  • コンピューティング クラスタ内のすべてのホストをこの VLAN にトランキングします。
  • 18 個以上の連続 IP アドレスが必要です。Ceilometer コンポーネントを追加する場合は 21 個です。
  • 次のコンポーネントで、この VLAN への L2 または L3 アクセスを有効にします。
    • vCenter サーバ
    • NSX Manager
    • NSX コントローラ
管理クラスタで NSX Manager と NSX Controller の仮想マシンをデプロイする場合は、それらのホストを管理ネットワークにトランキングする必要があります。
メタデータ サービス

メタデータ サービス ネットワークによって、新しい OpenStack インスタンスは、OpenStack コントローラでホストされる Nova メタデータ サービスによって利用可能になるカスタマイズ スクリプトにアクセスして実行することができます。

転送
OpenStack インスタンス間のトラフィックを転送します。
  • コンピューティング クラスタ内のすべてのホストをこの VLAN にトランキングします。
  • NSX Edge クラスタのすべてのホストをこの VLAN にトランキングします。
重要: : 転送 VLAN の最大転送ユニット (MTU) 設定は 1600 バイトをサポートするように構成する必要があります。 http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2093324 のナレッジ ベースを参照してください。
図 1. NSX デプロイのネットワーク マップ