Networking コンポーネントで NSX を使用する VMware Integrated OpenStack をデプロイする場合は、先に NSX ノードを構成しておく必要があります。

VMware Integrated OpenStack のインストール時には、次の情報を指定する必要があります。

VMware Integrated OpenStack 3.1 以降では、環境内で VMware NSX-T を使用する場合、ネイティブ DHCP およびメタデータのサポートを使用できます。これらの機能を使用できるようにするには、NSX-T 環境の DHCP プロファイルおよびメタデータ プロキシ サーバを作成する必要があります。

プロパティ

説明

ユーザー名

NSX Manager ノードにアクセスする場合のユーザー名。

パスワード

NSX Manager ノードにアクセスする場合のパスワード。

転送ゾーン

デフォルトの転送ゾーンの名前。

Edge クラスタ

Edge ノードが含まれるクラスタの名前。

Edge VTEP の 仮想分散スイッチ

NSX 構成からの VDS

外部ネットワークのポート グループ

特に外部ネットワーク用に VLAN で作成されるポート グループ。このポート グループは、NSX を使用する VMware Integrated OpenStack をデプロイするための準備プロセスの一部として作成しました。

(オプションの VMware NSX-T のみ)DHCP プロファイル

ネイティブ DHCP を使用するには、NSX-T 環境の DHCP サーバ プロファイルを設定します。詳細については、『NSX-T 管理ガイド』の「DHCP サーバ プロファイルの作成」を参照してください。

(オプションの VMware NSX-T のみ)メタデータ プロキシ サーバ

メタデータのサポートを使用するには、NSX-T 環境のメタデータ プロキシ サーバを構成します。詳細については、『NSX-T 管理ガイド』の「メタデータ プロキシ サーバの追加」を参照してください。設定中、Nova サーバの URL には OpenStack デプロイのロード バランサーのプライベート IP アドレスを使用します。たとえば、http://load_balancer_private_IP:8775/ のようになります。また、VMware Integrated OpenStack のデプロイ時に必要になるため、シークレット パラメータを控えておきます。