VMware Integrated OpenStack アーキテクチャでは、vSphere のリソースを、OpenStack Compute、Networking、Block Storage、Image Service、Identity Service、および Orchestration の各コンポーネントに接続します。

VMware Integrated OpenStack は、ご使用の vSphere 環境に、コンピューティング クラスタおよび管理クラスタとして実装されます。

コンピューティング クラスタでは、すべてのテナント ワークロードが処理されます。VMware Integrated OpenStack デプロイには、複数のコンピューティング クラスタを作成することができます。Integrated OpenStack Manager は、コンピューティング クラスタごとに、1 つのコンピューティング ドライバ インスタンスを管理クラスタで作成します。

管理クラスタには、OpenStack クラウド デプロイを構成する仮想マシンが含まれています。また、ロード バランシング、DHCP、およびデータベース サービスも含まれています。

VMware Integrated OpenStack デプロイでは、Networking コンポーネントとして NSX を使用できます。NSX Edge ノードの場合には、追加のクラスタが必要になります。

図 1. SDDC のコンテキストにおける VMware Integrated OpenStackNSX