イメージをインスタンスで使用できるようにするには、イメージを Image Service データストアにインポートします。

始める前に

  • 1 つ以上の Image Service データストアが構成されていることを確認します。

  • ubuntuLTS-sparse.vmdk などのイメージを取得します。

  • イメージが ISO、VMDK、または OVA 形式でパッケージされていることを確認します。

このタスクについて

イメージを RAW、QCOW2、VDI または VHD などのサポートされていない形式でインポートするには、『VMware Integrated OpenStack 管理者ガイド』を参照してください。

手順

  1. 管理者権限のあるユーザーとして OpenStack 管理クラスタにログインし、イメージを Image Service コンポーネントにアップロードします。
  2. glance image-create コマンドを実行して、イメージを取得、定義、およびインポートします。
    glance  --os-auth-token $token --os-image-url http://123.456.7.8:9292 \
            image-create name="ubuntu-sparse" \
            disk_format=vmdk \
            container_format=bare \
            --visibility="public" \
            --property vmware_adaptertype="lsiLogicsas" \
            --property vmware_disktype="sparse" \
            --property vmware_ostype="ubuntu64Guest" < ubuntuLTS-sparse.vmdk

    この例では、以下のパラメータと設定を使用します。

    パラメータまたは設定

    説明

    --os-image-url http://123.456.7.8:9292

    ソース イメージの URL。

    name="ubuntu-sparse"

    ソース イメージの名前(この場合は ubuntu-sparse)。

    disk_format=vmdk

    ソース イメージのディスク フォーマット。ISO、VMDK、または OVA を指定できます。

    container_format=bare

    コンテナ フォーマットは、イメージが実際の仮想マシンに関するメタデータを含むフォーマットで格納されているかどうかを示します。コンテナ フォーマット文字列は現在 Glance で使用されないため、このパラメータには bare を指定することをお勧めします。

    --visibility="public"

    OpenStack のイメージのプライバシー設定。public に設定すると、すべてのユーザーがイメージを使用できます。private に設定すると、現在のユーザーのみがイメージを使用できます。

    --property vmware_adaptertype="lsiLogicsas"

    インポート処理中、VMDK ディスクが調査され、アダプタ タイプ プロパティがキャプチャされます。

    vmware_adaptertype を使用してアダプタ タイプを指定することもできます。

    注:

    アダプタ タイプが paraVirtual または LSI Logic SAS のディスクを使用している場合は、このパラメータを使用することをお勧めします (vmware_adaptertype= lsiLogicsasvmware_adaptertype= paraVirtual など)。

    --property vmware_disktype="sparse"

    インポート処理中、VMDK ディスクが調査され、ディスク タイプ プロパティがキャプチャされます。

    vmware_disktype プロパティを使用してディスク タイプを指定することもできます。

    スパース

    このディスク タイプ プロパティはモノリシックなスパース ディスクに適用されます。

    事前割り当て済み

    このディスク タイプ プロパティは thick、zeroedthick、または eagerzeroedthick を含む VMFS のフラット ディスクに適用されます。何も指定しない場合、これがデフォルトのプロパティになります。

    streamOptimized

    このディスク タイプ プロパティはストリーミング用に最適化されたモノリシックなスパース ディスクに適用されます。最小限の計算コストで、この形式に、またはこの形式から動的にディスクを変換できます。

    --property vmware_ostype="ubuntu64Guest"

    イメージ ファイルを Image Service にインポートした後のイメージ ファイルの名前。この例で、結果の名前は ubuntuLTS-sparse.vmdk となります。

  3. (オプション) : コンピューティング コンポーネントで、イメージが正常にインポートされたことを確認します。
    $ glance image-list

    コマンドは、Image Service で利用可能なすべてのイメージのリストを返します。