VMware Integrated OpenStack Horizon ダッシュボード内でイメージを直接インポートできます。

始める前に

  • イメージが ISO、VMDK、OVA、RAW、QCOW2、VDI または VHD 形式でパッケージ化されていることを確認します。

  • ソース イメージの形式が RAW、QCOW2、VDI または VHD の場合は、ソース イメージが認証情報なしでプレーンの HTTP リクエストを許可するサーバ上で提供されていることを確認します。

手順

  1. VMware Integrated OpenStack ダッシュボードにログインします。
  2. タイトル バーのドロップダウン メニューからプロジェクトを選択します。
  3. プロジェクト > コンピューティング > イメージ を選択します。
  4. [イメージ] ページで、イメージの作成 をクリックします。
  5. イメージを構成します。

    オプション

    アクション

    名前

    新しいイメージの名前を入力します。

    説明

    (オプション)新しいイメージの説明を入力します。

    イメージ ソース

    イメージ ソースを選択します。

    ソース イメージの形式が RAW、QCOW2、VDI または VHD の場合、[イメージの場所] オプションを選択する必要があります。

    ディスクのフォーマット

    ディスクのフォーマットを選択します。

    ディスク タイプ

    ディスク タイプを選択します。

    RAW、QCOW2、VDI および VHD 形式のイメージは、それらのプロパティをキャプチャするために自動的にイントロスペクションされ、インポート プロセス時に VMDK 形式に変換されます。

    アダプタ タイプ

    アダプタ タイプを選択します。

    アーキテクチャ

    デフォルトを受け入れます。

    OS タイプ

    オペレーティング システムのタイプを選択します。

    最小ディスク (GB)

    イメージの最小ディスク サイズを GB 単位で指定します。

    最小 RAM (GB)

    イメージの最小 RAM を指定します。

    パブリック

    これを選択すると、すべてのテナントにイメージが表示され、すべてのテナントがイメージを使用できます。

    保護済み

    これを選択すると、イメージを削除できなくなります。

  6. イメージの作成 をクリックします。

    新しく追加したイメージが [イメージ] ページに含まれています。

タスクの結果

これで、OpenStack インスタンスにイメージをデプロイする準備ができました。